@SOHO創業者が語る、『順風満帆の人生を送っていると思われている私が、実は結構”失敗”と”挫折”を経験してきた話』

2 / 3 ページ


 10万円どころか、

 実はインターネットの広告代理店の権利を買うために80万円、

 また『ナポレオン・ヒル』もどきの『成功哲学』の

 高額教材を買うために110万円、

 合計200万円近くの借金を背負っていた。



 地元で就職活動を行い、幾つかの会社に入ってみるも、

 1社目は入社1週間後に会社の経営が怪しくなり、

 次を探さざるをえないことに。


 2社目はたった3人程度の会社で、

 社風に全く興味が持てず、1日で退社。



 それから継続的に就職活動を行い、


 ・インターネット関連の技術が学べる

 ・残業代が全額出る


 という会社を戦略的にセレクト。


 『第二新卒』として、地元福岡のIT企業に就職。


 この企業では平城が初めての『大卒』であり、

 モチベーションが低すぎる社風にショックを受ける。

 おまけに専門学校卒の年下が上司となり、

 奴隷のような屈辱を受ける。

 人生で初めての挫折感を味わう。


 持ち前の反骨精神と継続力により、

 1年半で大学の情報システムの構築業務をマスター。

 長崎大学等のシステムを手がける。


当時の私:

 


副業で開発したショッピングカートが大ヒット!


 『なるべく早く独立したい』と

 副業で開発したショッピングカートが大ヒット。

 流通総額500億円以上の規模に成長。


 200万円の借金は完済し、

 逆に300万円の貯金ができる。


 当時出会った東京の某社長に出会い、

 会社を辞め、上京する。

 フリーランスのITエンジニアとして、

 システム開発の仕事を受託しながら、

 某社長の仕事を手伝う。


 あることがきっかけで、

 ショッピングカートのビジネスをパートナーから

 一方的に追い出され、裁判沙汰になりそうにもなり、

 人生で二度目の挫折感を味わう。


 パートナーとのトラブルにより弁護士費用が50万円、

 その後一緒に起業しようとした友人へ貸した金45万円が焦げ付くなどして、

 貯蓄はどんどん減っていく。。


 『チーズはどこへ行った』という本に出会い、

 自分も新しいチーズを探す旅に出ることを決意。


 2001年の9月11日、米国の『同時多発テロ』の直後に、

 単身渡米してシリコンバレーを視察しに行く。



ちなみに、このころの私の心境。

幾ら頑張っても頑張っても、結果が出る気がしなかった。


当時は中野のワンルームマンション(レオパレス)に住み、

当時流行っていた『K-1』などの格闘番組などを見ながら、

食事は『松屋』か『やよい軒』、

気分転換に走りこみをしたりしながらハングリーな日々を過ごす。


<25歳頃の私>

 フリーランスのITエンジニアとして活動を続けるも、

 将来に不安を感じ、

 『30歳までに再度独立する』と決め、

 再就職することに。


 大前研一の影響を受け、『戦略コンサルタント』に憧れる。

 就職活動のコンサルタントから、


 『あなたの経歴では無理です』


転職コンサルタント
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ーーーーーッ!!!
ガーン!!!


 と言われ、

 人生で三度目の挫折感を味わう。

 

 当時たまたま、ITエンジニアの増員を図っていた

 外資系ITのコンサルの会社、『アクセンチュア』に入社が決まる。


 アクセンチュア時代、

 上司から、

上司A
地頭が良くないね〜、君。


 と言われながらも、

 持ち前の気力と精神力で死ぬほど働き、

 3年連続で社内評価上位5%の『Aランク』を獲得。


 アクセンチュア2年目に、

 フリーランス時代に営業ツールとして使っていた、

 ビジネスマッチングサイトの使い勝手に満足できず、

 自分でサイトを立ち上げることを決意。

 ここで@SOHOが生まれる。


著者の平城 寿さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。