@SOHO創業者が語る、『順風満帆の人生を送っていると思われている私が、実は結構”失敗”と”挫折”を経験してきた話』

1 / 3 ページ

私の人生は、実は苦難の連続でした。

こんにちは、私は『@SOHO』という、

ビジネスマッチングサイトを創業し、運営してきました。


一応、このジャンルのWebサイトとしては日本国内No.1の会員数となっています。


私はこれまで『華々しい経歴を歩んできた』

と思われることが多かったのですが、

実はそれは誤解で、

私も様々な失敗と挫折を経験しながら、

今に至っています。



最近では起業を目指す方にアドバイスさせて

頂くことが多くなってきたのですが、

まだまだ日本では起業することに対して、

不安を感じている方が多いと思います。


世界を見渡してみても、

日本人はやはり優秀です。


ところが、その優秀さが、

本当の意味で社会に貢献することに使われず、

旧来の教育システムに洗脳され、

『会社を始めとする組織に固執する』

に使われてしまっています。


私は勇気を出して独立を果たし、

時間的にも経済的にも、

サラリーマン時代よりも豊かになりましたが、


多くの方に勇気を感じて頂けるように、

私がこれまで発信して来なかった、

『恥ずかしい過去』について、

書いてみたいと思います。


<大学時代の私>

 旧来の偏差値教育の影響により有名大学に入学するも、

 学科(工学部機械系)に全く興味が持てず、

 『社会に出たら好きなことをやろう』

 と決意。


 唐沢寿明の『ふたり』という本に出会い、

 俳優になろうと思い、

 オーディションを受けまくる。


 オーディションの結果は常に『準合格』。

 一定の訓練を積めばデビューへの道が開かれると言われ、

 芸能プロダクションの訓練生となり、

 半年間、月謝を払いながら訓練を積む。


 業界に詳しい知人から、

業界に詳しい知人
力の無いプロダクションにいてもデビューできる可能性は無いよ


 と断言され、訓練生を辞める。


 セミプロのギタリストと知り合いになり、

 その格好良さに憧れ、自分も練習を始める。

 3ヶ月後に中洲で弾き語りデビューを果たす。

 (基本は当時は異色の、『The Yellow Monkey』のコピーだった)

 

 試行錯誤するも、芸能活動を断念し、

 一応就職活動をしてみるが、

 就職氷河期ということもあり、

 内定を得られた会社は2社。


 結果、 就職氷河期ということもあり、

 志望していた当時の5大商社

 (三井物産、三菱商事、住友商事、日商岩井、伊藤忠商事)

 は全敗。


 ようやく内定を得られたのはIT系の会社2社のみだったが、全く興味を持てず。


 大学の担当教授からは、


教授
お前は社長になるか、会社をクビになるか、どっちかだな


 と言われる。



 大学の知人に、『ニュースキン』という

 ネットワークビジネスを紹介され、

 『不労所得』『権利収入』

 そのビジネスモデルに驚愕し、一念発起。


 大学を卒業したらニュースキンを本格的にスタートしようと決意。

 両親を説得して、内定も辞退。




 卒業間際に、親身になってくれていた社会人の先輩方から、

 ネットワークビジネスを辞めるように説得される。

 当時学生が借金をしてビジネスをするなど、

 社会問題になっていたことを鑑みて、

 自らこのビジネスをやることを断念。


当時の私:





<大学卒業直後の私>

 大学卒業後、全く進路が決まらないまま、

 学習塾の経営、インターネットの広告代理店のビジネスを模索するが、

 何もできないまま半年が過ぎる。


 当時出会ったある社長に、

30代成功社長
君にはまだ武器が無い。素直に就職して、自分の武器を身につけてから、最短で独立する道を選びなさい


 とアドバイスを受ける。

 

 全財産が10万円を切ったため、

 素直に就職することを決意。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の平城 寿さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。