@SOHO創業者が語る、『順風満帆の人生を送っていると思われている私が、実は結構”失敗”と”挫折”を経験してきた話』

3 / 3 ページ

 アクセンチュア3年目までに貯蓄を800万円作り、

 副業である@SOHOからの収入が月額20万円を超えたのを機に、

 29歳で二度目の独立を果たす。

 


当時の私:


このころの私の心境。


少し成功への扉が開けてきたかも?





<29歳〜33歳の私>

 システム開発、@SOHOの2つの事業を柱として、

 独立後初月から月収100万円を超え、

 会社の売上は1年目は1,500万円、2年目は3,300万円と、

 倍々ゲームのように増えていく。


 『旧来の会社組織』に反発し、

 『雇われ人は作らない』というポリシーから、

 社員ゼロの経営スタイルを貫きながらも、ビジネスを拡大。


 東京駅至近に住居を構え、従来からの憧れであった、

 『ホテルで仕事をする』スタイルを実現する。


 後に『ノマド』という言葉が社会で話題となり、

 自分もノマドであったことを認識する。


 途中でヤクザにWebサイトを乗っ取られそうになりながらも、

 @SOHOは創業4年後に国内No.1の会員規模に成長。



このころの私の心境。


やった、成功への階段が見えてきたぞ!



<33歳以降の私>

 33歳にして、日本でのビジネスが一段落したことをきっかけに、

 海外での資産運用を開始。


 海外を何度か訪問しているうちに、

 『世界中を旅しながら仕事ができたら』

 と強く思うようになる。

 

 その後2年かけてビジネスを再構築し、

 世界中のどこにいてもビジネスが継続できるスタイルを実現。

 『海外ノマドスタイル』と命名する。


 独立して成功できるITエンジニアを育成するメールマガジン、

 『スーパーエンジニア養成講座』を開始。

 1万5千人以上の読者に、メール/セミナー/Skype相談を

 中心としたアドバイスを行う。


 海外ノマドの魅力を伝え、それを実現したい方を

 サポートするた、『海外ノマド倶楽部』をスタート。


如何でしたか?


20代前半のころの自分は、

まだやりたいことも決まっておらず、

右往左往していたことがおわかり頂けるかと思います。


今だったら絶対に手を出さないようなビジネスに手を出したり、

無駄にお金を使ったりもしていますね。


ところが、これらの経験をあらためて振り返ってみると、

これらの失敗は『必ず通る道だったのではないか?』と思わざるをえません。


勉強にしてもスポーツにしても、

最初から完璧にこなせる人などいないと思います。

ビジネスも同じです。


私の経験上からも、そしてこれまでに成功された方々の経歴も詳しく調べていくと、

誰もが初期段階では様々な失敗を経験していることがわかります。


それを乗り越えたうえでの今がある、ということです。


『失敗は誰でも経験する』


と理解することができれば、

チャレンジすることに対して少しは恐怖感が拭えるのではないかと思います。


このストーリーを読んで頂いて思うところがあれば、

ぜひコメントをお願いします。


<追伸>

このストーリーを読んで私に興味を持って頂いた方は、ぜひFacebookでフォローもしくはお友達申請を!Facebookでも濃い情報を発信しています!
お友達申請の際には『Storysを読みました』とコメント頂ければ、
承認させて頂きます!

著者の平城 寿さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。