汝の道を行け そして人々の語るにまかせよ

1 / 30 ページ

進藤牧師との対談①
 
最初の1回は量が多くてひっくり返った
 進藤 対談に入る前に少しだけ祈らせてください。では一言祈ります―。
 神様、今日は依存症の人たちの回復支援活動をしている潮騒ジョブトレーニングセンターの方々が、茨城県鹿嶋市から2時間以上を掛けて、労力をかけて、祈りを掛けて、願いを持って、ここ「罪人の友・イエスキリスト教会」にやってきました。
 私たちは一つです。それは依存症で苦しんでいる多くの者たちへの解放、あるいは刑務所を出て行き場のない者の受け入れの場、そして何よりもその者たちの社会復帰を支援するということ。
 依存症という病を持つ者が仕事を身につけて、このジョブトレーニングセンターという名前のように、どうぞ一人でも多くの人が、いや一人も残さずに社会復帰できるよう、そしてただの依存者で、ただの生活保護で終わるのではない、本当に社会に組み込まれる、そのような人を一人でも、いや一人残らず、そのようになるよう私たちは働いています。
 どうかこの思いを結実し、思いを新たにし、また共に前進していけるように、助けてください。今日集まった一人ひとりの上に、あなたの豊かな格別な祝福がありますように…。イエス様の前に祈ります。アーメン。
 ありがとうございます。それでは始めさせていただきます。今日は進藤先生に貴重なお時間を割いていただきまして、ありがとうございます。
進藤 はい。ありがとうございます。
 奇しくもお二人は出身地がほぼ同じで、かつて暴力団組員としてこの地元地域で活動し、ほぼ同じ犯歴があったりします。今日の対談テーマの一つでもありますが、困難だった依存症も克服されてきた、という経験を共通してお持ちです。
 栗原施設長はダルクで、進藤先生はキリスト教によって助けられたと思うんですが、まずは進藤先生に、ご自分が薬物依存症だという自覚を持った時の様子から伺います。
 進藤 自覚を持った様子ですか。うーん、そう言われると真剣に依存症だという自覚を持ったことはなかったかなあ。
 僕は覚せい剤をやる前はシンナーを何度かやったことがあるんですけど、結局そんなに中毒にならずに済んだというか、友達がやってるからやるぐらいの感覚でしたからね。自分から買いにいったり、やりに行ったりとか、そういうのは無かったんです。
 しかし覚せい剤は、一回やった時からとりこになりました。いや正確に言うと最初の一回は量が多すぎて、実はひっくり返っちゃって「こんなもん二度とやるか」と思ったんです。
 でも、その一年後に「薄いのでいいからやろうよ」と友だちに誘われて。怖かったんだけど、やったらすごく気持ち良くてですね、その二回目の薄いのを打って「これだ!」って完全にハマってしまった。それからもう完全にとりこですよね。
 ですからもう、自分で分かりました。「ああ、もうこれやめられないな」って。で、それが切れかけて、その日のうちに「またもう一回やりたい」っていう感じだったのを覚えてますね。
 僕の依存症はそこから始まってると思います。十八か十九歳になるくらいだったと思います。はい。
 栗原施設長はどうだったですか?
 栗原 私はまず、アルコールから入ったんです。十三歳ぐらいだったですかね。大変な飲兵衛で、アルコールに強くて、飲むと元気が良くなってね、まあ酒乱というところですかね。
 それが二十代で覚醒剤と出会うわけですけど。その頃組織にいたものですから、バクチの中でお客さん用に覚せい剤とアルコールが置いてあった。

みんなの読んで良かった!