高慢チキ社長が、引きこもりの無職になった後で見つけた「10年後の○○は見えないが、18ヶ月先なら知っている」という話。

1 / 9 ページ


社長(実父)
お前、今日から社長な。ほれ、これ名刺。
・・?・・・?・・・おっさん、起きてるか?・・・?・

朝いつもどおりに出社したら、そう言われ机上を見ると
そこには新しい名刺が10ケースほど置いてあった。

【代表取締役】

それが新しい肩書きらしい。

「で、誰がよ?」


13年前、入社して3年の一現場監督の私は全く予告なく、
ある朝抜き打ちで、小さいながらも地域密着型企業の社長に。
先代社長は実父。私は二代目になる。

(写真はイメージです。)

就任直後は自分に何が出来るか分からず、途方に暮れてた。
当時私は29才。ただのハナタレ小僧に過ぎなかった。

当時の社長からは何の予告もなく、
真新しく、インクの香りも清々しい名刺が
私のものであると理解するのに多少時間を要した。

混乱とは多少の時差を伴うのか、本当に困ったのは、
それから後だった。

社長がすべき仕事?すべきでない事?
昨日までみたいに普通に現場に行けばいいのか?

とにかく分からないから動く。
ひたすら動く。
それでも分からないから、他社の社長に聞く。
社長業って何すればいいんですかね?
他社の社長
社長ってのは遊ぶのが仕事だって!
別の社長
社内一の営業マンだよ!
また別の社長
自分が寝てても儲かる仕組みを作る人。
・・・・・・・・・
立ち止まって考える。

みんなの読んで良かった!