朝、目が覚めると密室でした。 ファイナル

2 / 8 ページ

前話: 朝、目が覚めると密室でした。 後編
どうしようか...
と考え考え
はっと思い出す。
入居日にデカくて邪魔で私をイライラさせた
避難はしごが部屋にあるのだ
ドアノブ開かないのは立派な避難だろう。
ドアノブ地震雷火事親父
クローゼットをあけ、O型の血液型通りの
素直に散らかった荷物を蹴散らし
デカい避難はしごを取り出した
あんなに邪魔でイライラした避難はしごが
キラキラと黄金色に光って見えるのはなぜだろう。
宝箱にみえてしょうがない
早速蓋を開ける
中にはアルミ製の避難はしごと
簡易の説明書があった。
この避難はしご、エスカーラという名前だった
私の心境としてはエスカーラさん、いやエスカーラ様である。
この帝国主義の世界から私を連れ出してくれるのは
エスカーラ様なのだから。
時間がない。いつの時代も
革命が起きるときに鍵を握るのは時間だ
遅ければ私は犬になり、間に合えば自由が手に入るのだ。
エスカーラを窓の手摺にかけ、ロックピンをはずすと
エスカーラはけたたましい金属音を立てながら地上へおりていった
近所迷惑にもほどがある
朝6時過ぎにこの金属音である
ドアノブが外れて避難はしごをおろし
脱出を試みるマンションの住民などこの世にいるのだろうか

著者のShirabo Shiraboさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。