朝、目が覚めると密室でした。 ファイナル

4 / 8 ページ

前話: 朝、目が覚めると密室でした。 後編
そのときだった
決して起きてはいけない事態が発生した
マンションの隣の住居に住んでいるおばさんが
朝のゴミ出しのために表に出てきたのである!!
歩くたびに両手に掴んでいるビニル袋が
ガサリ
ガサリ
と何とも不吉な音をたてている
脱獄中に看守が通り過ぎ行く感覚だろう。
マイケーーーール!!と無性に叫びたくなった
頼む!!気づかないでくれえええええ
心臓の音まで消したつもりだったが
エスカーラがしくじったのである。
私が動きを止めても波打つので
惰力でカチャンカチャンと鳴ったのだ

著者のShirabo Shiraboさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。