朝、目が覚めると密室でした。 ファイナル

3 / 8 ページ

前話: 朝、目が覚めると密室でした。 後編
私だ!!!!
手摺から身を乗り出し、外へ
冷たい風が容赦なく私の手の感覚を奪いさっていく
自由をつかむというのはこんなにも大変なことなのか
と、また少し大人になれたきがした
それにしても起きてすぐに外を観たときは
背中に翼が生えて飛び出したいなんて
言っていたけれどあながち本当になってしまったのだから
人生とは本当にどうなるのか分からないものである。
すべてがおわったら
レッドブル片手にケバブ食べてやる
ぎしりぎしりとアルミ製のエスカーラは私が降りていく度に
軋んだ音を出す。大丈夫なのかこいつ
身体の揺れにあわせてエスカーラも揺れる。
窓の並びも同じなので階下の住居の窓に
エスカーラが遠慮なくぶつかる
避難はしごじゃあない。非難はしごである。
ああこんな姿観られたら恥ずかしくて生きていけない
そうなったときはエスカーラと一緒に
遠い遠い外国の僻地に姿をくらまそう
そうだアフリカにいこう
きっとドアが無いからドアノブもない

著者のShirabo Shiraboさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。