第4話(前編)アフリカへ行く彼から学んだ"生きる"こと【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

2 / 2 ページ

前話: 第3話 絶対見てはいけないもの。【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】
次話: 第5話 (後編)アフリカへ行く彼から学んだこと【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】


生き方の広さ



男の子2人は、由紀夫とけんちゃんといった。

3人とも年が近く、同じ九州出身ということもあり話はとても盛り上がった。



彼ら2人の出会いも面白く、2人はタイで出会っていた






タイでの一人旅で偶然出会い、2週間程一緒に暮らし旅をして、またいつか日本で会おう!と約束した再会の日が、今日だったのだ。






そして2人の生き方は、その時の私にはあまりにも新しかった。



まず由紀夫はバレエダンサーで、来月からカンパニーに入ってプロで活躍することが決まっていた。12歳の時初めて船で世界一周をして、それからヨーロッパや東南アジアなどダンスをしたり放浪したり、海外にふらっと旅に出ていた。



けんちゃんは日本や海外のボランティアをして回っていた。スイスで農業をしてみたり、カンボジアでボランティアに参加したり、もうすぐアフリカへの短期ボランティアも決まっていた。




そしてそんなバックグラウンドを聞くより先に、2人とも大きなスマイルが最高に素敵だった。



2人の持つ空気は、ゆっくりしていて、でもとても広く、そしてとんでもなく自由でピースフルだった。




世界が平和になる生き方をしたいんよな。仕事は生き方やけんさ。




私の視界が急に大きく広がった気がした。



え?何それ。そうゆう考え方、大人になってもしていいの?


そうゆう生き方ができるの?


仕事が生き方って...なんだろう。 



胸は熱く、足もとがグラグラしていた。




自分の生き方



その時の私はといえば、自分の道に迷いまくっていた。

だけどその気持ちさえ認められずにいた。

自分の持ってる小さな肩書きが全てだった。




この2人はなんでこんなに自由なんだろう....?

特別なキャリアも経歴も何も持っていないのに....?




その時の私の中では海外に行くなんて選択もなかった。目標もなく旅をするなんてよく分からなかった。



自分の頭の中には大きな道があっていつもゴールは前にあった。

道からそれるのは恐ろしいことだし止まってしまうとどんどんゴールは行ってしまう。急がないと。


でも、いつになったらたどりつくんだろう。



新しい扉



家まで着いて、また近いうちに会うことを約束すると、友達と会うからと2人は帰って行った。



ドア越しによく焼けた2人の背中を見送りながら、自分の身体中にすごい速さで血が巡っていくのが分かった。胸が熱くなってお腹の底からワクワクしていた。


今日一日の不思議な出来事が高速で回転していった。




足もとには新品のパソコンが一台転がっている。




頭ではよく分からないけど、何かが大きく大きく変わろうとしていた。




何か新しい扉が開いたような気がした。


__________________

このストーリーは2015年に書籍化となり、
2019年にベストセラーとなりました。
『あーす・じぷしー はじまりの物語』
https://amzn.to/2HcZJGV
彼女たちは『あーす・じぷしー』という名前で活動中!




続きのストーリーはこちら!

第5話 (後編)アフリカへ行く彼から学んだこと【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

著者のShono Mahoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。