続!病気に負けない!!2部

1 / 2 ページ

支えられているから生きていける!応援してくれるから前に進める!!


私のメッセージを沢山の方々が拝見くださって感謝しています。ほんとうに嬉しいです。この世に生を授かってから平凡な毎日を過ごしてきました。そして、突然の発病、それまで難病という言葉さえ知らずにいました。そして、身体の障害と色々苦悩しましたが、今はしっかりと受け入れて過ごせるように頑張っています。応援よろしくお願いします。


脱!車いす!!目指せ自立歩行!自分で諦めないことが大切なのです!!


入院中に感じたこと、それは難病者のほとんどが「諦め」を持っていること・・・


でも、それってどうなんでしょうか?


病気だから仕方ない?


病気だから動けなくて当然?


そして、同じCIDPの患者さんから言われた一言がショックでした・・・


「まだ、病気を受け入れてないみたいだね。」


”違うんです!<病気を受け入れる>のと<病気で諦める>は違う!!”


動くにも努力が必要だし、辛いことも乗り越えなくてはいけませんよね。


しかも、理解してくれる人がいないとさえ言える状況です。


孤独に耐えないと前に進めない。


医師、看護師、知り合い、家族でさえ詳しく病気を知ることは無いのです。


痛み、しびれ、脱力、その他薬の副作用も・・・


それは、本人しか分からないことなのです。


それでも「負けるな!」「頑張れ!」「また一緒に飲もう!」たくさんエールをもらえました。


たくさんお見舞いも来てくださいました。


入院時に治療費が高額なのを知った先輩が商工会青年部を通して、福岡県のあちこちに募金を呼びかけてくれました。


地元では後輩が地元消防団の皆さんに話して、募金活動をしてくれました。


忙しい中、お見舞いに来て励ましてくれた人たちにも感謝しています。


「本当に!ありがとうございます!!」


たくさんの感謝の言葉を述べたいけれど!


きっと、これだけで十分わかってくれる、そんな人たちに囲まれている・・・


難病になったことは不幸だけど、こんなに応援されるのは最良の幸せです!!


「だから負けない!歩けるようになるからね!!」


理学療法士の先生の指導で歩行リハビリ開始!


自立歩行って思っていたよりも厳しいですね。


平行棒を使って前に進めばいいことですが、足が動かないのです。


まるで足の裏を瞬間接着されたみたいに、びくともしません・・・


頭のなかで気合を入れる!


「うりゃw」「とーっ!」「なんでじゃw」「どすこーい!!」などなど・・・


でも動くのは腰から上で、周りの人が見てたら滑稽だったでしょう。


平行棒で身体を支えてる、おじさんが悶えている姿って・・・


初日の歩行リハビリは悶疲れして終わってしまいました。


”一つの目標を立てて見ました”


それは、応援してくれている皆さんに、歩いている姿を見てもらいたい一心で決めました。


”自分で歩く沖縄旅行”


沖縄には、たくさんの楽しい想い出が詰まっています!


地元消防団の後輩たち、商工会青年部の先輩や後輩と行った楽しい想い出・・・


そして、「美ら海水族館のジンベイザメに再会する!」のです!


余談:美ら海水族館に売っている「フィッシュバーガー」は食べたくないです・・・


まずは、沖縄旅行に行けるくらいの体力を付けないといけませんね。


目標も決まって、更に気合が入りました!


歩行リハビリ着ていったTシャツを見て先生が笑っている・・・


「反省してます!」


背中に大きくプリントされたTシャツは、お世話になっている先輩の沖縄のおみやげです。


理学療法の先生は、とても楽しそうである意味良かった!


理「何を反省してるの?」


私「生きてきた人生そのものです!」


理「・・・重い・・・」


会話することで気分的にも楽になっていきました。


しばらく平行棒を持って歩くコツを教えてもらい、特訓です。


両腕にも力が入らないので短時間勝負!


平行棒で支えが出来る状態で、重心を前のめりに太ももに力を入れ、足を引きずる!


ズズズッ・・・


本の少しですが動いたのです!!


「これだ!!」


要領掴んだら後はひたすら繰り返すのみ!


傍で色々と細かく指導してくれた先生のおかげです。


著者の木藤 勝則さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。