東大生がネトゲで出会った女性と結婚し、「生きる理由」を教わって人生が変わった話

4 / 4 ページ


しかし、日本に帰ってきてからはどうだろう?


日本での授業はつまらなかった。

やりたいこと(=どんどん勉強を進めたい)ができなかったからだ。


鉄緑会での授業は楽しかった。

偶然、やりたいこと(=どんどん勉強を進めたい)ができたからだ。


筑駒合格は僕がしたいことだった。

理由は単純。

「そこに友達がいるから」

「勉強でほかの人より良い順位をとるのが楽しかったから」


東大を目指すことは、親が僕に期待し、社会が僕に勧めることだった。

「東大を卒業すれば、お給料をたくさんもらえるよ」

「東大を卒業すれば、どんな職業も選び放題だよ」

だが、僕には「なりたい職業」がなかった。

「生きる意味」がわからないのに「なりたい職業」なんてわかるはずもない。


ブラ三での天下統一は僕がしたいことだった。

Yさんとつきあい始めてしばらくしてから、僕たちの同盟は天下統一を達成した。

嬉しくて泣いた。東大に合格したときはまったく泣かなかったのに。

1円も得をしなくても、僕は天下統一をしたかったのだ。


Yさんとの結婚は僕がしたいことだった。

世間一般的には勧められた選択ではない。

「もっと良い条件の女性だっているよ」

 結婚する前にこう言われたことがある。

だけど、他人の意見なんてどうでもいい。僕にはYさんしかいなかった。


僕は東大を卒業して外資系の金融会社に勤めて

「稼ぎ放題、働き放題」の人生を目指していた。

どう考えても父の影響だった。


「稼ぎ放題、働き放題」の人生も悪くないだろう。ケチをつけるつもりはない。
でも、「僕自身」がやりたいことではなかった。



 自分がやりたいことをやる

それこそが「生きる意味」だと気がついた。


他人や世間からの評価は関係ない。

  「評価」が欲しければ、それは後からついてくる。

実現性が低くたって構わない。

  粘り強く取り組めば、たいていのことは上手くいく。

  自分だけでは難しくても、情熱があれば共感してくれた人が手を貸してくれる。

才能の有無は関係ない。

  上位0.1%の領域を目指すのでなければ才能は不要だ。


「僕が」やりたいことは何だろう?

僕はYさんと添い遂げたい。

僕は少しでも多くの人が「自分がやりたいこと」をできるようにお手伝いをしたい。

僕はWEBやITガジェットが大好きだ。

僕は日本が「行き詰まり」を打開するきっかけを作りたい。


自分が何をしたいか考えたとき、それは「東大」の延長線上にはないことに気がついた。

それに気がついたとき、僕はすぐに退職して起業した。


ついでに思った

東大に入ったのは無駄足だったな。。。



5.「生きる意味」を手に入れて



僕は今、コンサルティングを通してより多くの人が「自分がやりたいこと」をやれるようにお手伝いをしている。

そして、フリーのWEBディレクターとして、自分が面白いと思ったウェブページの制作をお手伝いしている。

仕事は世界中のどこにいてもできる「ノマド」な状態だ。

そして、経済的・時間的・精神的に余裕がある状態だ。


さすがに子どもがいるので、すぐにとはいかないが

2,3年以内にマレーシアかシンガポールに移住する予定だ。



 自分がやりたいことをやる


あなたはできているだろうか?


よくわからないままに受験や仕事に打ち込んでいないだろうか?

やりたいことができずに、くすぶっていないだろうか?


今からでも遅くはない。


 本当にやりたいことをやろう






最後まで読んで頂きありがとうございました!


====

このストーリーを読んで私に興味を持って頂いた方は、

ぜひFacebookでフォローもしくはお友達申請を!

Facebookでも濃い情報を発信しています!


お友達申請の際には『Storysを読みました』とコメント頂ければ、

承認させて頂きます!


https://www.facebook.com/ryoma.takeda.illuyankas

著者の武田 龍馬さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。