爺っちゃんと桜

「爺っちゃんよ~! 頼まれた桜の枝、持ってきたでぇ。 接ぎ木すんのか~?」


こうして、母体から切り離された僕は、爺っちゃんにあずけられた


「ありがとうよ~ その辺に置いといてくれやぁ」

ほどなく、僕は爺っちゃんの手によって、接ぎ木された


「爺っちゃんよ~! うまく行くといいが、その花が咲く頃、あんた、この世にいないぜきっと!」


爺っちゃんは色々な人からそんな事を言われたが、黙々と僕を育ててくれた。

いつまでたっても、接ぎ木部分がしっくりこなくてね・・

自分の体じゃぁないような、そんな変な感じがずっと続いていた

風が強い日なんて、もう腰が折れそうで怖くてね・・

そのたんび、爺っちゃんがせっせと補強してくれたんだ

僕が毛虫を嫌いなこと、爺っちゃんも良く知っていて

手がかぶれちゃうのに、爺っちゃんは手で毛虫を追い払ってくれた


何年経った頃だろうか・・

もう全体が自分の体のように感じてきた頃かな・・

まだ完璧とは言えないけれど、少しだけ花を咲かせてみた

そう言えば、ここ数年、爺っちゃん来てくれてないな・・・



「この桜か~ 爺っちゃんが接ぎ木して育てたって・・」

「なかなか立派に咲いているわよねぇ」

「ねぇねぇ、お爺ちゃんがこの桜を植えたの?」

「そうだよ、お前が生まれた時、お前が大きくなったらさ、満開になったこの桜の下で、

 みんなでお花見するんだって、そりぁ楽しみにしてたんだ」

「ふ~ん、そうなんだぁ。もう少し長生きしてくれたら、お花見できたのにね・・」


僕が爺っちゃんの死を知ったのは、その時でした

そうか・・、爺っちゃん、死んじゃったのか・・

僕が、もう少し早く成長していればな・・・


もう強い風が吹いても大丈夫

少しくらいの毛虫にも慣れたよ

たぶん、もう何年かしたら、僕一番の、最高の花を咲かせることができるよ

爺っちゃん、もう少しだったんだけどな・・・


    (30年後)


「お~~い!ちゃんと場所確保したか~!」

「あ、先輩~、ばっちりですよ!」

「おお、よくやった。この辺ではこの桜が一番なんだ」

「知ってますよぉ、伝説の爺さんが育てた桜ですよね?」

「おお、良く知ってるな、うちの役員さ、この桜じゃないと煩せ~んだよ」

「サラリーマン、大変っスね、先輩」


爺っちゃん

お陰さまで、僕は人気者ですよ

一年に一度だけだけどね

でも、僕はここでお花見する人のために咲くんじゃないよ

爺っちゃんとの約束、忘れてないから・・


「オレは死ぬまでお前を育てる。だからお前も、もうダメって時まで、しっかり咲いてくれ」


爺っちゃんと僕だけの会話


ちゃんと覚えてるからさ





みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。