進路を考え始めた若い方へ ~行き当たりばったりで独立した男の回顧録~

1 / 8 ページ

10代、20代、30代、40代、そして今、私は50代前半を生きています。
簡潔に纏めるのはなかなか難しいのですが、まずは、私の過去を纏めてみます。

10代前半(小学~中学)

自らの意志というよりは、父の影響を受け、自宅で化学実験をしたり、顕微鏡を覗いたり、アマチュア無線をしたり・・という、典型的な理系人間として育っていた。
この頃は、子供(自分)の目に映る、「不思議な自然科学」への興味が非常に強かった。
数学と理科だけは、他人に負けたくないなぁ、と思っていた。

10代半ば(中学~高校)

アンプ自作などしつつ、理科系大学への受験勉強に多くの時間を割いていた。
並行して、インカ帝国という謎多き文明と、アンデス音楽にも傾倒し、小難しいアンデス考古学の本を読み漁ったり、アンデス音楽を演奏したりして、ストレス解消していた。

10代後半(高校~大学)

考古学への道も考えたりはしたが、「将来、食えるんだろうか?」なんて不安もあったし、身についてしました理系魂を捨てる勇気もなく、そのまま理系への道を歩んでいた。
田舎から飛び出して、下宿して私立大へ、というのは、金銭的に親に苦労をかけると思っていたので、とにかく国立の物理系を目指していた。
結果、国立の応用物理学科へ進学したが、入学して2年間は専門分野の講義が少なく、アンデス音楽と車にうつつをぬかしていた。
最終専攻は物性物理という分野で、透過型電子顕微鏡で50Å前後の薄膜の物性を研究。
その流れのまま、光半導体技術に携わる仕事へと就職した。
就職先の会社を決めたのは、予想される配属先の場所が、①実家にそこそこ近い、②車を飛ばせる箱根にも近い、③アンデス音楽の師匠の家にも近い、この3点セットにより、全く悩まずに決めたが、安易かつ不謹慎な決め方であった。

20代前半

社会人になってすぐだったが、予期せぬ母の急死により、目の前で「人生50年」を突き付けられる格好になった。
ダラダラと過ごしている自分に対して、日々、どのように生き生きと過ごすべきかについて悩み始め、このまま技術者の道で良いのかどうかも含め、真剣に考え始めた。

20代後半

身近な周囲に存在する、とても優秀な技術者達と、土地神話がスタートした昭和60年代において、気の遠くなるようなお金を稼いでいた不動産業界の親戚とのギャップに落胆し、「自分達は搾取されているのではないか?」という邪心が生まれる。
結果、自分で自分の報酬を決められないサラリーマンという位置づけに、終止符を打とうと決意する。
儲かる、儲からないはさておき、こんな理系一本槍で育ってきた自分でも受かりそうな国家試験であり、そう遠くない将来、一人で開業できそうな仕事として不動産鑑定士を目指し、一旦、サラリーマンの世界に別れを告げた。
この機会を逃したら二度と行けないと思い、40日間のアンデス旅行へ行き、帰国してからは、ほぼ毎日10時間以上の勉強をして、1年後に不動産鑑定士二次試験に受かる。
合格する直前に手持ち資金が底を尽き、某鑑定会社に勤めたが、どうしても結婚したい女性と出会い、求婚するに恥ずかしくない年収を求めて、鑑定士への道ではなく、総合不動産会社へと転職。またサラリーマンを続ける事になるが、家庭を持てるならそれでも良いと思い、そして、ほどなく結婚した。

30代

結婚後、早々に長男が生まれ、続いて次男、長女が生まれた。
技術者から、全く180°方向転換した不動産の仲介業務に携わったが、何故か仲介営業が肌に合っていたようで、営業成績も悪くなく、仕事は意外と楽しかった。
将来的な年収の見込みもできたと思い、土地を購入して家を建てた。
鑑定士として独立を目指していた方向から、またサラリーマンに戻ったが、全体的には充実していた。

40代

少しばかり仕事ができて、自分の意見で上層部を動かせるようになったと思い込んだため、会社全体の改革を目指すようになった。
最終的には、会社を上場させる答申であったり、自分が長く所属していた部署を分社して独立させる答申などを提出し、ほぼその内容通りの結果へと導いたが、ふと気が付くと、自分の仕事に対する熱い思いと、周囲との温度差に気が付いてしまう。
ここでまた、約15年振りに、「あ、俺ってサラリーマンだったよな」と改めて気付く。

みんなの読んで良かった!