とあるゲーム業界のブラック会社で夢の代償に僕が失った物。第3夜

1 / 2 ページ

前編: とあるゲーム業界のブラック会社で夢の代償に僕が失った物。第2夜
後編: とあるゲーム業界のブラック会社で夢の代償に僕が失った物。(終章)

こうして、初日から徹夜で仕事をし、実際自宅へ帰ったのは一か月後…

季節は変わり始めようとしていたが、若さ故の過ちなのかまだやる気は保ったままでした。


一か月の研修と言う名の、過酷な労働のシーンは今でもよく思い出します。


まず初日のバグ修正の仕事ですが、


初日、21時にてのシーン


リーダー「おう中条、そっちのPCにJAVAをインストールしといてくれ」

僕「はい!解りました!」

…10分後、僕はコンビニから戻りとある飲料をリーダーに渡した


リーダー「おう、気がきくな」

僕「いえいえ^^ところで次は何をしたらいいですか?」

リーダー「まさかこいつ…(リーダー絶句」

僕「?」

リーダー「馬鹿野郎!!!今はそれどころじゃねぇ!!!」


僕、JAVAが解らず、普通にJAVAティーと間違えました(泣


※JAVA=プログラミング言語でソフトを作成する時などに使います。無論お茶じゃありません

専門学校でC言語を三か月程度の新卒には意味が解りませんでした。


リーダーに怒られ、教育係の先輩が2人ついて一緒にやることになりました。

なべさんと、兄貴さんです。


きっちり教えて貰い、毛布で寝て満喫か銭湯で風呂に入り翌日また出社。

先輩達と一緒に仕事をする内に、なんとかバグ修正などは出来るようになりました。


当時、一本ゲームがヒットすれば結構なお金になると聞いていたので、売れたらきっとこの会社で働いてる人達は幸せになれる、僕もきっとお金持ちになれる、その気持ちで折れずに頑張りました。


しかし一か月ですでに総出勤時間は400時間を超え、給料は15万程度、食費や、お風呂を含めるとマイナスになっていました。

このまま暮らせなくなると困るので、教育係りのナベさんに相談しました。

ちなみになべさんはプロレスが大好きな35歳の方でした。


なべさん「お疲れパワーボム!中条君どうしたの?」

僕「正直、学生時代と比べて今の環境がきついムーンサルトなんです…」

なべさん「まだゲーム会社で働きたい?」

僕「分かりません…でもゲーム製作は続けようと思ってます」

なべさん「そっかそっか、それなら大丈夫、一年やれば失業保険も、身体を壊した時の保険もできる」

僕「え?そんな制度が?」

みんなの読んで良かった!