もう粉々に、音もなく堕ちていったバカ 9


日曜日ー

優希は11時過ぎに起床した。
ソファで寝ていた優希。
ソファからダランと落ちた左手の先に
パイプが落ちていた。

俺何時に寝たんだろ....

優希はタバコに火をつけた。

なんか体だるいな...
頭がボーっとするわ...

携帯が鳴る。結子からだ。

今日何時からにしよっか♡

あっ、結子と遊ぶ約束してたんだった...
頭まわんねえよ...

どうしよっか。昼からどっかいく?

すぐに返信がくる。

行こ行こーっ♡
じゃあ14時でいいかな?

優希は心のどこかで結子は他の女と
違うような気がしていた。

居酒屋で働き、お客さんとお話する
機会が多い優希はよくお客さんから
誘われており、1年の間に10人ほどの
女性と関係を持った。
でも優希は18らしく、抱けたらいいや。
ぐらいに思っていた。

俺ずっと恋してないな..
結子はなんか好きになる気がする..

そう思ったこともハーブで全て忘れていた。

優希は電話を結子に電話をかけた。

優希『もしもーし』

結子『どしたの急に!』

優希『え、別に..』

結子『別にじゃわかんないよ』

優希『声が聞きたかっただけだよバーカ』

結子『...照れるからやめて』

何言ってんだろ俺...

優希『家から駅って近いの?』

結子『近いよ。歩いて5分かな』

優希『じゃあ14時に駅に迎えに行くから。またね』

電話を切った。深呼吸をする。

ダメだやっぱ結子に恋するわ俺...

優希は風呂に入り、スッキリすることにした。





みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。