私の恋愛事情

1 / 5 ページ

プロローグ

私の恋は、すぐに終わりを告げる。
そんな恋しかしなかった…
本気の恋なんてする訳ないと、思っていたのに…
ある日、突然私の前に君が現れた。
そんな事から、私は本気で
恋に落ちてしまったんだ…。

第1話 裏切り 最低

私の名前は、藤咲 花音(ふじさき はなね)
17歳。
今まで付き合った人は、今の彼氏を含めて8人目。
この私が本気で、恋をしないのには理由がある。
約5年前、中学1年の時
私はそれまで、平凡な生活を送っていた。
中学校生活も平凡だった。
友達は多い方でもなかったけど、
そこそこ楽しい生活をしていた。
学校が終わり、私は1人で帰宅していた。学校は自転車通学が禁止で、毎日40分かけて歩いて帰宅していた。
今日も歩いて帰っていた。
そんな時、後ろから車のクラクションが聞こえた。
プップー
男性「ちょっと、すみません。道に迷ってしまって‼︎」
この人怪しいー。私は心でそう思った。
見た目は、サングラスをかけていて、ピアスをジャラジャラ付けている。
「ごめんなさい。私急いでいるので!」
男性が車から降りて来て、私の手を握って来た。
「離して下さい‼︎離して!」
男性「道を聞いているだけじゃないか!」
「イヤ、イヤ、イヤ〜離して、離してよ
誰か助けて〜」
男性「チッ‼︎」
男性は周りがザワザワした瞬間
車に駆け込み何処かへ行った。
やっぱり、あの人怪しい人だった。
周りの人達が声を掛けて来た。
「もう大丈夫です!迷惑かけてすみません。ご心配おかけしました。」
私は夜道をまた1人走って帰った。
怖くて、怖くて必至に走った。
「もしあの人に連れ去られてら
どうなってたんだろう…考えるだけでもゾッとするなぁー」
そんな事を思いながら、私は家に着いた!
「ただいまー。はぁ…」
母「私さぁー今日変な人に、誘拐されるところだった。道が分からないから教えて欲しいって言われて、でもその人

みんなの読んで良かった!