自分が伝えたいことのために必要な言葉を選べるということ。

1 / 3 ページ

特別じゃない人生の中で、見つけた大切なこと。


テレビに出てくるスポーツ界のスター、芸能人、著名実業家。これらの人達の人生は一般人からするとほんとびっくりな人生を歩んでいる。僕を含め、多くの人はそうじゃない。


それらの人達を否定するわけではないが、経験に色物的側面があるからこそメディアが興奮し、

著名であればあるほどメディアはその経験をクローズアップし、世の中に拡散し、世間はその経験に賞賛と同調、あるいは共感を得ることで自分も特別な経験を共有したと錯覚させられることがある。


僕を含め、多くの人がそんな特別な経験を持ってるわけではないし、みんな世の中でひっそりと当人にしか分からないすごく大事な経験をしているものだと思う。



僕にとって何気なくしてきたことが

今後の人生を決める大きな鍵になりそうだと言うこと。


周囲の友達や先輩が社会に出ている今だからこそ、自身が感じる社会との向き合い方を伝えようと思う。


小学校時代、授業が終わると校庭に出て、サッカーをするか近くの公園で日が暮れるまで友達と遊んだ。とにかく街中が僕らの遊び場だった。

高学年になると、塾に行くことになり次第に遊ぶ時間が減っていった。


そんな中で、増えていった時間は読書。もちろんはじめはくだらない本をいっぱい読んでいた。たまに背伸びをしたくなり、母の本棚から読めそうな本を探す。


・・・・・・・・あっ。これ読めそう。


手に取ったのは「吉本ばなな」であった。


選んだ理由は名前である。そのままページをめくるがなんか簡単なようで簡単でない。

その当時は自分がなぜ理解できないかも分からないまま、とにかく大人の本を読み切るという上辺の優越感を勝ち取るためにページをめくり続けた。


中学に入って、部活が忙しくなっても読書の習慣だけはなくならなかった。


というのも、本だけはどれだけ買っても、レシートを渡せば母親があとでお金をくれたからだ。

そのうち悪知恵を働かして、古い本屋のレシートは漫画も文庫本もレシートの表記は「書籍」になることを発見し、大量に漫画を買ったりもするのだが、、、、、、、


この頃になると本も小説だけでなく、ライトなものから古典、近代も手に取ってみるようになった。

今思い出すと異常な少年のような気もするが、当時は本当に友達と遊びまくってたし、女の子と初デートでめちゃくちゃ緊張してしどろもどろ、、、みたいな普通の青春を過ごしてる風にしか感じてなかった。


高校はだらだら長いので、割愛。。。。。


大学は、かっこいいイメージという一択でずっと志望していた建築学科に進む。

みんなの読んで良かった!