割り切り力【幸せ】

少し前にmixiが流行った。
その中のコミュニティに

幸せはいつも自分の心が決める


というコミュニティがあった。
はっと気付かされたような感覚になったことを覚えている。

幸せって、なんだ?

その問いから始まった。
僕にとって、
なにが幸せなんだろうか。

何かに夢中になっている時?
誰かと腹を抱えながら大笑いしている時?

なんなんだ幸せって....幸せがなんなのかわかんないと幸せになれねーじゃん。
はぁ....

と若かりし頃思っていましたが、
それはすぐに解決されることになる。

人の欲はきりがない


あいつは〜なのになんで俺だけ!
◯◯が××持ってた。あたしも欲しい!

他人と自分を比べて
なにかいいことありましたか?
いいことは一つもないです。


〜があれば幸せ。〜が欲しい..

その物欲を満たしたらあなたは幸せになるんだろうか?

何もかも思い通りになったとしても
すぐつぎの不満を探してしまうだろう
決して満たされない 誰かが傷ついてもー

Mr.Childrenも歌詞の中で
こうおっしゃっている(いつでも微笑みを)

違う。僕は根本的に間違っていた。
人の幸せ=金じゃない。物じゃない。
物を金で買う時に分泌されるアドレナリンでもない。

やっぱりなんです。

ご飯を食べられること
誰かが自分を必要としてくれること
感動できること
誰かと同じものを見てるんだけど、違う意見、感想が聞けること
夢中になれること
誰かに認めてもらえたこと

常に感謝の気持ちを持つことだけで
人は幸せになれるんです。
心を育てよう。個性があっていい。
明るく育てよう。

恵まれているのに、幸せになりたーい!という人がたくさんいる。

自分を磨けよ.......

幸せの定義だとか幸せに対しての価値観を強要するわけではない。

ただよく思う。心が育ってないんだろと。


とにかく忘れてしまいがちだが、幸福になれるのは持っているものに気づき、それに感謝の念を抱いたときだ。

出典フレデリック・ケーニッヒ




みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。