映画を観た!2012年版!

1 / 2 ページ

今回は2012年に観た映画、全41作品のレビューです。

以前書いたものをこちら用に修正して掲載しました。

とりあえず勢いだけで書いてますんでかなりの長文です。 

なお、ところどころの誤字脱字、変な表現は気にせずにお読みください。

レンタルに行った際のチョイスの参考になればと思います。 

では最初の一本目!  


「世界侵略 ロサンゼルス決戦」 

一言で言えば「ブラックホークダウンのVSエイリアン物」 。

普通の戦争映画の敵をエイリアンにしてみました!程度の作品だった。 


「4デイズ」 

アメリカの主要都市に核爆弾がテロリストによって仕掛けられた! 

爆破までの残り四日間の間に身柄を拘束したテロリストから設置箇所を自白させる事が出来るのか!と言うなかなかスリリングな設定。自白のプロが行うテクニックが実にえげつない。 

ちなみに「アメリカ本国ではショッキング過ぎてカットになった」と言う別エンディングを観ると、

むしろこれをカットしたアメリカの考え方自体が怖いと思える映画だった。 


「柳生一族の陰謀」 

映画の中には本筋はそこそこだったけどラストで全部許せる映画という物がたまにある。 

僕にとってこの映画はその一つ。 

ラストの萬屋錦之介の「これは夢だ~」のシーンは本当の実力者しか出来ない凄さがあった! 

これぞ役者魂!! 


「魔界転生」 

島原の乱で死んだ天草四郎が魔界の力によりこの世に復活。 

同じくこの世に未練を残した宮本武蔵らを手下にし人間達に復讐を図る! 

それに立ち向かうは千葉真一演じる柳生十兵衛! 

古くは「仁義なき戦い」、新しい物で「バトルロワイヤル」を撮った深作欣二監督のパワーある演出と千葉真一の貫禄、そして沢田研二演じる天草四郎の妖しさが融合した邦画の傑作映画! 


「仁義なき戦い 広島死闘篇」 

仁義なきシリーズの第二作。 

これに関しては第一作ほどの面白さはなかった。 

魔界転生で紹介した千葉真一の頭の悪そうなチンピラ役が面白いぐらいか? 


「スカイライン」 

明らかに低予算で作られたVSエイリアン物。 

ラストバトルがエンドロールで流れ、しかも「止め絵」と言うあまりに斬新すぎる演出は 

「途中で予算が無くなったのか?」なんて野暮な疑いを吹っ飛ばしてくれます! 

その上「続編あるかもよ?」的終わり方をしやがる監督の度胸が素晴らしい作品。 


「ライフ・イン・ア・デイ 地球上のある一日の物語」 

YouTubeにアップされた世界中の普通の人たちの「2010年7月24日」という一日を繋ぎ合わせたドキュメンタリー作品。 

もちろん有名な役者なんか出てこないが、世界中にはこんなに色んな「一日」がある事に驚かされる画期的な映画である。ラストシーンに使われたある女性の一日が実に印象的であった。 

なおこの映画と同じ手法で作られた「JAPAN IN A DAY ジャパン イン ア デイ」という作品があります。こちらは東北大震災から1年後の2012年3月11日がテーマ。 実は僕も映像を撮影して応募しましたが残念ながら採用されず。ただ公式HPの応募者全員の顔写真コーナーにはバッチリ写真が掲載されております。お時間のある方は探してみてください(笑) 


「フロム・ダスク・ティル・ドーン」 

監督は「スパイキッズ」シリーズのロバート・ロドリゲス、脚本はクエンティン・タランティーノによる傑作クライムサスペンス+?な映画。 

長いことDVDが廃盤で観たくてもどこにもレンタルが無い状態だったが、TSUTAYAの「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」という企画で復活!この企画は実にありがたい!で映画の方ですがこの映画は前半部と後半部が突如違うジャンルになってしまうという斬新な構成になっています。斬新ゆえに他の映画でこの手法を使ったものは未だ見たことがありません。まさに先にやったもん勝ち的映画。 


「マチェーテ」 

他の映画の中で流れた偽映画予告を元に本当に一本の映画を作ってしまったという変わった作品。主人公は一般的には無名に近いのに他の役者がやたら豪華なのが特徴か。 

おバカアクション系の悪ノリを期待したが意外と真面目な映画だったんでイマイチ。 


「スナッチ」 

盗んだダイヤモンドを中心に語られる群像劇。 

なかなかストーリーが入り組んでいるので説明が難しい映画である。 

しいて言うならば「とにかく観て」としか言い様がない(笑) 

「パルプ・フィクション」とか「シンシティ」とか好きな人なら気に入るかも? 


「ジョン・カーター」

約100年前に書かれたSF小説『火星のプリンセス』の実写版。 

本国アメリカでは大コケした作品と聞いていたのであまり期待せずに観たら、これが結構面白かった。 

スターウォーズなどに影響を与えてるだけあってその世界観がSF好きにはたまらない。 

こんなイメージが100年前に書かれていた事に驚く。 

でも若い人がこの映画観たら「スターウォーズみたいな映画」ってなるんだろうな。 


「ミッション:インポッシブル3」 

ラストが全く盛り上がらずに終わって驚いた。 

そんな事で観客を驚かしてどうするよ。 


「ダークナイト・ライジング」 

一作目「バットマン ビギンズ」、二作目「ダークナイト」に続く三部作の完結編。 

「ダークナイト」からの続きと思いきや「ビギンズ」のキャラクターが突然出てきたのには驚いた。

ゆえに今作を観る方は「ビギンズ」も絶対に観られた方が良いです。 

出来はそこそこであるがそれは二作目の「ダークナイト」があまりに完成度が高すぎるからで、 

ここはぜひ「落ちる所まで落ちた主人公が如何にして上に這い上がるか」に重点を置いて観ていただきたい。なかなかここまで叩きのめされるヒーローなんてそうそう無いです。 


「トータル・リコール」 

1990年に制作されたアーノルド・シュワルツェネッガー主演映画のリメイク版。 

先にシュワちゃん版を観てる人にはこちらのリメイク版はちょっと綺麗すぎると思うのでは? 

リメイク版を観て面白いと思われた方はB級テイスト満載のシュワ版もぜひ観てみてください。 


「猿の惑星: 創世記」

あの伝説的SF映画「猿の惑星」の前日譚的映画。 

これが脚本が実にしっかりしていてなかなかの力作だった。 

人間が敵として描かれており猿側に同情出来るように持っていく流れは凄い。 


「ウォッチメン」 

一風変わったヒーロー物なんだけどほとんど記憶に残らず。 


「コリン」 

自主制作映画のゾンビ物。小倉優子のあの星とは無関係である。 

全編家庭用のハンディカムで撮影されていて制作費わずか5800円~7000円(サイトによって金額が違うのはなぜだ?)で作られているが全世界で様々な賞を取りまくっていて、近年のゾンビ映画の中では本当に傑作である。 

ただヨタヨタ歩くだけの主人公のゾンビ君を中心に、様々な人間模様が描かれていてラストはなかなか切ない。自主映画に興味のある方には是非観ていただきたい一本。 


「プロメテウス」 

1979年に公開されたSFホラーの元祖映画「エイリアン」の前日譚映画。 

「エイリアン」の冒頭、ある惑星に不時着していたUFOの中で「スペースジョッキー」とエイリアンファンが呼んでいる異星人の化石化した死体が発見されるのだが、その正体はとうとう明かされる事はなかった。それが「エイリアン」公開から約30年を経てこの「プロメテウス」でその謎が明かされるのである!これだけでもファンは観る価値はある! 

世間的にはこの作品、賛否両論だった。 

実際ストーリー展開は「エイリアン」のそのまんまの流れだったりするが、 僕は久しぶりにSFホラー映画を観れたので結構満足であった。 ちなみに監督の構想では三部作の予定との事。 


「アベンジャーズ」 

アメリカンコミックの主人公「アイアンマン」「インクレディブル・ハルク」「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」がそれぞれ映画化され、そのヒーローが一同に揃う実にアメリカンなゴージャスな映画。 

例えるならば「ヒーロー版紅白歌合戦」。 

この「アベンジャーズ」を映画館に観に行った時、実は「アイアンマン」しか観ておらず、誰が何なのかが良くわからなかった。例えるならば「SMAPと北島三郎は分かるが、ももクロZってだれ?」状態である。それでもこれだけアクの強いキャラクター全員にそつなく見せ場を設け、ドラマを盛り上げていくのはさすが社運を賭けているだけはある。もちろんこれから観られる方は、先にそれぞれのキャラクターの映画を観た方がいいです。 


「インクレディブル・ハルク」 

「アベンジャーズ」に繋がるヒーローの一人。 

自分の事前の知識は「怒ると強大化して暴れる緑の大男」程度だった。

しかしこれが!これが実に傑作!事故により怪物になってしまう能力を得てしまった主人公の悲しさが観る側の同情を誘う。ドラマがとにかくしっかりしていて面白かったです。 

これはこの「インクレディブル・ハルク」がヒットしないと後々の「アベンジャーズ」の制作に影響が出てしまうため製作者側が「絶対にヒットさせる!!」という執念で制作したおかげでは無いかと思う。日頃ヒーロー物に興味の無い方にぜひ観ていただきたい作品です。 

ちなみに2003年にも「ハルク」というタイトルで映画化されてますが、これは「アバンジャーズ」とは繋がらない別作品なのでレンタルの際は要注意。 


「マイティ・ソー」 

「アベンジャーズ」に繋がるヒーローの一人。 

自分の事前の知識は「マッチョなブラピが打出の小槌を持っている、しかもマント付き」というあまり良いイメージでは無かった。なんせ格好がね~。

でっとりあえず借りて観たらこれが!これが実に傑作!!わがままな主人公が罰として力を奪われ人間界に追放されるというなかなかシリアスなストーリー。派手なアクションシーンも当然ありつつ、主人公の心の成長もじっくり描かれていて脚本力の凄さが伝わる。 

これはこの「マイティ・ソー」がヒットしないと後々の「アベンジャーズ」の制作に(略) 

ちなみに主人公の仲間の一人で日本人俳優の浅野忠信が出演しております。 


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。