映画を観た!2012年版!

1 / 6 ページ

今回は2012年に観た映画、全41作品のレビューです。

以前書いたものをこちら用に修正して掲載しました。

とりあえず勢いだけで書いてますんでかなりの長文です。 

なお、ところどころの誤字脱字、変な表現は気にせずにお読みください。

レンタルに行った際のチョイスの参考になればと思います。 

では最初の一本目!  


「世界侵略 ロサンゼルス決戦」 

一言で言えば「ブラックホークダウンのVSエイリアン物」 。

普通の戦争映画の敵をエイリアンにしてみました!程度の作品だった。 


「4デイズ」 

アメリカの主要都市に核爆弾がテロリストによって仕掛けられた! 

爆破までの残り四日間の間に身柄を拘束したテロリストから設置箇所を自白させる事が出来るのか!と言うなかなかスリリングな設定。自白のプロが行うテクニックが実にえげつない。 

ちなみに「アメリカ本国ではショッキング過ぎてカットになった」と言う別エンディングを観ると、

むしろこれをカットしたアメリカの考え方自体が怖いと思える映画だった。 


「柳生一族の陰謀」 

映画の中には本筋はそこそこだったけどラストで全部許せる映画という物がたまにある。 

僕にとってこの映画はその一つ。 

ラストの萬屋錦之介の「これは夢だ~」のシーンは本当の実力者しか出来ない凄さがあった! 

これぞ役者魂!! 


「魔界転生」 

島原の乱で死んだ天草四郎が魔界の力によりこの世に復活。 

同じくこの世に未練を残した宮本武蔵らを手下にし人間達に復讐を図る! 

それに立ち向かうは千葉真一演じる柳生十兵衛! 

古くは「仁義なき戦い」、新しい物で「バトルロワイヤル」を撮った深作欣二監督のパワーある演出と千葉真一の貫禄、そして沢田研二演じる天草四郎の妖しさが融合した邦画の傑作映画! 


「仁義なき戦い 広島死闘篇」 

仁義なきシリーズの第二作。 

これに関しては第一作ほどの面白さはなかった。 

魔界転生で紹介した千葉真一の頭の悪そうなチンピラ役が面白いぐらいか? 


「スカイライン」 

明らかに低予算で作られたVSエイリアン物。 

ラストバトルがエンドロールで流れ、しかも「止め絵」と言うあまりに斬新すぎる演出は 

「途中で予算が無くなったのか?」なんて野暮な疑いを吹っ飛ばしてくれます! 

その上「続編あるかもよ?」的終わり方をしやがる監督の度胸が素晴らしい作品。 


「ライフ・イン・ア・デイ 地球上のある一日の物語」 

YouTubeにアップされた世界中の普通の人たちの「2010年7月24日」という一日を繋ぎ合わせたドキュメンタリー作品。 

もちろん有名な役者なんか出てこないが、世界中にはこんなに色んな「一日」がある事に驚かされる画期的な映画である。ラストシーンに使われたある女性の一日が実に印象的であった。 

みんなの読んで良かった!