あの時結婚しなくて良かった!〜今もシングル幸せを実感する私の本音

1 / 5 ページ

2011年3月11日



京都。


人工呼吸器が装着されている患者さんの個室にいた私は

患者さんが見ているテレビで何かが起こったことを知った。


その日は職場でトラブルがあり、私の意識はそちらへ向いていた。


東北が大変なことになっていることを知ったのは翌日だった。

私が勤めていた診療所があるM市や暮らしていたI市

知っている場所が次々に報道されていた。


私は2009年春までの約3年間 宮城県で暮らしていた。


最初の1年を暮らしていたI市は甚大な被害を受けていた。

そこはかつて結婚するつもりだった彼が住んでいる。


彼は生きているだろうか?


無事だろうか?

彼の家は海岸からかなり距離があったはずだ。

でも地震が発生した時間は仕事中だったのではないか?


すべてが大混乱している中で

彼の生存を確かめるのか 確かめてどうするのか?


苦しかった・・・



大事なひと


彼とは2004年の秋に出会った。

初めてバイクで東北を旅した時だった。


彼に出会って私は「生きていて良かった」と思った。

世界が輝いて見えた。

宮城と京都で遠く離れていて 月に1回会えれば良い方だった。



半年も経った頃だったか彼の様子が変わってきた。

彼には精神的な病気があった。

みんなの読んで良かった!