私はここにいる(書き換え)

1 / 8 ページ

「昔は真壁君モテてたもんね」

ほまれは真壁の首筋に唇を這わせた。


「ああ、遠い昔だ。今じゃただのオヤジだよ」


真壁は裸で仰向けになりほまれに身を任せた。


ほまれの甘い吐息がこだまのように遠い記憶へと誘う。

ほまれの唇が真壁の乳首に這った時、


「あっ!」

真壁は思春期で女を知らず始めての女というものに出くわしたかのようにあっけなく果ててしまった。


「なんで?」

呼吸をみだしている真壁にほまれは不思議そうに聞く。


「わかるだろ?ほまれ」





198×年。ほまれ18歳。高校を卒業して美術の専門学校へ入学した。

当時もてはやされていた横文字の職業に付きたかったと言う簡単な考えだった。

たった一クラス。20名ほどしかいない。

ほまれはイラスト科を専攻した。

子供の頃、漫画オタクだったからだ。
いつか自分もイラストを描いてみたい…そう願っていた。

男女合わせて20名くらい。高校を卒業したばかりの少年、少女たちはすぐ仲良くなった。まるで兄弟姉妹のように。


ほまれは子供の頃から変わった存在だった。
友達は少女漫画の「りぼん」「なかよし」「フレンド」だった。
そして誰よりもませていた。
同級生とも話が合わず、だんだんと孤立して行く。

いつか自分の心の中を絵で表現したいと思っていた。

「いいかい?絵には正解も不正解もないんだよ。時間がきたから今日は終わり」

まるでアインシュタインみたいな出で立ちの白髪の先生が出て行った。

芸術家ってなんでみんな頭がボサボサなんだろうとほまれは後ろ姿を見送った。

クラスメイトたちは

「あーバイト行かなくちゃ!」
と教室を出る生徒もいれば
「ね、ね、どこ行く?」
楽しそうに遊ぶことしか考えてない女子生徒もいる。

「ほまれ、一緒にご飯食べに行かない?それともバイト?」

明美が誘って来た。
明美はいいところのお嬢様で課題があるっていうのに遊ぶことしか考えていない。

「ごめん、バイトじゃないんだけど用事があるから」

明美はまたかよ。みたいな顔をして

「ふ〜ん、今度はご飯食べようね」

明美は決して悪い人間ではない。このクラスメイトたちもざっくばらんで変わり者のほまれにも優しく接してくれる。居心地が良かった。
アーティストを目指す若者たちの考えは自由だった。

「破天荒」
実にこのクラスメイトに合った言葉だ。

ほまれがカバンの中に絵の具やら入れていると

「きゃーやだぁ」
と仔猫が鳴くような声が聞こえて来た。

声の方を向くと椅子に座っている真子が真壁と楽しそうに会話していた。

ほまれは真壁という男子生徒がいまいち好きではなかった。
どちらかと言うとムカつく男だった。

真壁は背が高くほまれが好きではないにしろビジュアル的にかっこいいのだ。
多分、誰から見てもかっこいいのであろう。

入学してみんなが仲良くなったころほまれは通学電車の中で真壁が見知らぬ女の子と一緒だったのを見かけたことがあった。女の子は真壁の腕に捕まり甘えたような感じだった。

真子が興味心身の様子で
「またぁ〜彼女いるくせにぃ〜」

真子はピカイチぶりっ子なのである。
でも真子も性格は悪くない。

「彼女なんていないよ。欲しいなぁ」

真壁は真子に気があるようだ。

ふん!女ったらし…

ほまれは小さく呟いた。

専門学校のあるビルを出た。
ほまれはあるテレビ局の駐車場に来た。
中には入れないのでテレビ局のビルの壁にもたれた。

空を見上げてみる。
晴れてるのに空は灰がかかったように電柱もビルも歩いている人さえ灰色に見えた。

大きくため息をつく。

ため息をつくと幸せが逃げるんだって。

そう誰かが言っていたのを思い出した。

幸せ?
幸せってなんだろ。
雨露しのげる家があることか?
ご飯が食べれることなのか?
親が出してくれた学費で学校に通えることか?

そんなこと全部感謝してるよ…

ほまれは独り言が多い。

約束の時間は午後3時
ほまれの時計は1時間も待ちくたびれていた。

「おい、ほまれ。わりぃな。収録が延びてよ、ほんとわりぃわりぃ」

ほまれの腕時計は午後6時半だった。

3時間半も待つ女…私バカだな…心の中で呟く。

平田健一26歳
お笑い芸人絶頂期の男である。
平田はサングラスにキャップをかぶり目立たないようにしている。

「車出してくるからちょっと待ってて」

ほまれは車のことはわからないが平田の車は左ハンドルだ。

平田との出会いは一年半前。
ほまれの母親が駅の階段を踏み外して両足を骨折してしまい外科に入院となった。
それと同時に平田も車の追突事故でむち打ちになり同じ病院に入院していた。

ほまれが母親のお見舞いに行くたびに平田と顔を合わせるようになった。

ほまれはテレビが嫌いなので一切観ない。だから平田のことも知らなかった。

声をかけてきたのは平田のほうだった。

「毎日大変だね」
「あ、いえ、別に…」
ほまれは慌てて顔を背けた。

「ジュースでも飲まない?おごるよ」

男性から声をかけられたのは始めてだった。

首にギブスをはめパジャマ姿だった。

平田が病院の自動販売機に近づき
「何がいい?」
「このコーヒーでいいです」
平田はほまれの制服姿を上から下まで見下ろし
「高校生だろ?コーヒー選ぶなんて渋いね」

「いつも飲んでますから」
二人で談話室で缶コーヒーを飲んだ。
しばらく無言だった。
ほまれには居心地が悪いシチュエーションだった。

「あのさ、俺のこと知ってる?この事故で新聞にも出たんだ」

ほまれはなに自慢してるの?喉元まで来て止まった。

「俺、芸人やってるんだ。ほんとに知らない?テレビにも出てるよ。ったく忙しい時に追突なんてよ」

「ごめんなさい、私、テレビ見ないから」
缶コーヒーを飲み干した。

「ごちそうさまでした。では失礼します」

ほまれはこの小さな談話室から逃げ出したかった。

「ちょっと待って。名前教えてよ」

「ほまれです」
「ほまれか。いい名前だ。俺、平田健一。
テレビつけたらどこかの番組に出てるよ。気が向いたら観てね」

ほまれは小さくうなずくと素早く母親の病室に戻った。

ほまれには芸人だろうがテレビに出まくるような人間にも興味がなかった。
あるのは深い深い暗い井戸に沈められてるような虚無感だけがほまれを包み込んでいた。

翌日も母親がいや、平田が入院する病院に行った。
平田に缶コーヒーのお返しをするためだった。
病院の近くのケーキ屋でシュークリームを4個買った。
「箱を2個づつ分けて下さい」
平田に渡してすぐに母親の病室で食べるつもりだった。

病院に行くと平田が公衆電話で誰かと話をしていた。

ほまれは引き返そうとしたが受話器をガチャリと下ろしテレホンカードが出てくる音がし、すぐさまほまれのほうを向いた。

平田は
「やぁ、今日も来たんだね」

「あの…これ食べて下さい」

なになに?というような顔をして平田は箱を開ける。

「シュークリームじゃん!一緒に食べようよ」

「いえ、私は母と食べますから」

平田は困ったような顔をして
「何個も食えばいいじゃん。談話室に行こう」

平田はほまれの手首を握り談話室へと連れて行った。

「嬉しいな。ありがとう。一緒に食べよう」

平田は二口くらいでペロリとたいらげた。

「君、いくつ?何年生?」
平田はほまれの顔を覗き込むように質問してくる。

「17歳です。高校二年」

「そっか、若いな。俺もその頃に戻りてぇ〜」
人をあまり寄せ付けないほまれは平田を観察し始めた。

お笑い芸人?なにそれ?
なんだか道化師のようにも思える。

「毎日来る?」
「うん」
「じゃあ、毎日会えるね」
平田は嬉しそうに首のギブスが痒いのか照れ隠しなのかギブスの中に指を突っ込んでモゾモゾしていた。

「お母さんのところに戻ります」
ほまれはこの窮屈な談話室が嫌いだった。
席を立ってドアを開けると
「ほまれ」
平田がそう呼んだ。
その瞬間から何もかもが狂い出したのは後にも先にもこれが物語の始まりとなった。

学校が終わると真っ先に病院へ行くようになった。
母親にバレないように先に平田の病室へ行く。
平田はニッコリし目尻が下がる。
ほまれはギブスをはめている平田に
「ろくろ首」
と呼んだ。
「もっと伸びるんだぜ。夜中になるとさ、しんと静まり返った病院内を頭だけでクネクネと回るんだ」
「面白くない」
ほまれはこれでもお笑い芸人かよ。私を腹の底から笑わせてよ。ほまれは腹の底から笑ったことは記憶にない。
でも、目の前にいるろくろ首が気になってしまっている自分がいた。

「あの…なんて呼んだらいい?」
「そうだな、テレビでは平田!平田!って言われてるしな。新鮮な呼び方がいいな」
平田は窓の外を眺めながらまた首のギブスの中に指を突っ込んでる。

ふと気付いたようにほまれの目をまじまじと見る。
「俺、男ばかりの三人兄弟の末っ子なんだ。妹がいたらな…って思ってた。だから『お兄ちゃん』て呼んでくれないかな」

お兄ちゃん…お兄ちゃん…

ほまれはひとりっ子だった。子供の頃から孤独が好きだったので兄妹とか別に欲しくはなかった。

「ところでさ、ほまれの目って個性的だよな。人は目でものを言うと言うけど俺はほまれの目が好きだ。どこか寂しげなそして吸い込まれてしまいそうなほっとけないような瞳だ。血縁に外人いるの?」

「おじいちゃんがアメリカ人だよ。お父さんが産まれる前にアメリカに帰っちゃった。おばあちゃんはすごく苦労したんだって」

ほまれは目を見つめられるのが苦手だった。自分の心の中まで見られているのではないかと視線を反らせた。

「なるほどね、だからちょっと茶色いんだね。色も白いし」
「私は日本人だよ。どんな目をしようと私は日本人だから」
平田は黙ってベッドから下りて来た。
平田は両手を広げ

「おいで」
ほまれは躊躇した。
「ほまれ、おいで」
ほまれは小刻みに震えながら平田の側に寄って行った。
平田は一歩足を踏み出しほまれを引き寄せ抱きしめた。

平田の鼓動が聞こえる。ただ抱きしめられる赤ん坊のようでもあった。

「好きだよ」
平田は耳元で囁いた。
意識が朦朧としてきた。生まれて始めての感覚。なんと表現すれば良いのだろう。心地よい。
「好きだよ」の言葉が頭をグルグル駆け巡る。

「震えてる。怖い?」
「ううん」
『お兄ちゃん』て呼んでみて」
「…お兄ちゃん」

平田はほまれの両肩を少し放しほまれの目を見つめる。そして平田の唇がほまれの唇と重ね合う。
そしてもう一度抱きしめ
「好きだよ」

これがほまれの初恋となった。
「俺、あと一週間で退院出来るんだ。電話番号教えてよ。ご飯でも食べに行こう」
二人は電話番号を交換した。

その日は母親の病室にも寄らずほまれは家に帰ってしまった。母親に悟られたくなかったから。

あと一週間。平田は私を抱きしめてくれるだろうか。あの心地よい平田の鼓動が聞けるだろうか。

部屋のベッドに大の字になり平田に渡された電話番号が書いてある紙をいつまでも眺めていた。

ほまれは一週間、毎日病院に行った。まず先に平田の病室へ。

「目を見せて」
平田は毎日言った。
そして抱きしめてキスをした。

ほまれは平田に溺れて行く自分を見失っていた。
嫌いだった自分の目を好きでいてくれる平田に初恋と言う人間の本能、いや欲望とさえ言えるものがメラメラと燃え上がって来ていた。

退院の前の日もほまれの目を見つめて強く抱きしめ熱いキスをした。

「ほまれを抱きたい」
ほまれは17歳だ。クラスメイトの女子は平気で彼氏とのセックスの話をしている。中には中絶した女子生徒もいた。

ほまれは平田に抱かれたいと思った。セックスはどんなものなのか知りたかった。

平田が首のギブスを外し退院して行った。
病院の外は報道陣でいっぱいだったので後ろ姿しか見れなかった。

三日たっても平田から電話かわかかって来なかった。あれだけ約束したのに。

テレビをつけてみる。
平田がコントをやっている姿が映し出されていた。
病室の平田の顔とは違う顔。

お兄ちゃん、私を忘れたの?
画面に向かって話しかける。

平田に対する思いは膨らむばかり。イライラがつのる。

二週間ほどして夜中の12時に電話がかかって来た。

電話機は親子電話だったのでほまれの部屋に電話が置いてあった。

「ほまれ?お兄ちゃんだよ。忙しくて電話出来なくてごめんな」

「良くテレビに出てるもんね。お兄ちゃん忙しいんだろうなって」

明日、朝ロケで終わりなんだ。会えるかな?でも学校だよね?」

「休んじゃう!お兄ちゃんに逢いたいから」

「いいのか?まぁ、それも青春だハハハハ!ドライブに行こう 」

電話を切ったあとほまれは眠れなかった。洋服は何を来て行こうか、メイクはキッチリしていったほうがいいのか…

「抱きたい」
その言葉が頭をよぎる。
下着は?そんな勝負下着なんて持っていない。
どうしよう…どうしよう…

朝まで眠れなかった。

約束の時間は午前11時。赤坂プリンスのロビー。
ほまれは淡いピンク色のワンピースにちょっと大人っぽく見せるためのメイクをした。

腕時計を見る。もう午後12時になろうとしている。

それでもほまれは期待に胸を膨らます。
ホテルに入って来る男性が平田であるかのように幻覚まで見るようになる。

昨夜寝ていなかったので眠くなって来た。ロビーのソファーは心地よい。

夢を見ていた。
暗い海の底で淡いピンクのワンピースを着た自分が膝を抱えて座っている。ほまれは海の流れの中に身を任せ、まるで人魚のように泳ぎ出す。空の方を見る。揺らぐ海面に乱反射のようにキラキラと太陽の光が波打っている。綺麗だと思った。

「わりぃ!ロケなかなか終わらなくてさ」
ふと目を覚ます。
首を長くして待っていた平田なのにさっきの夢があまりにも気持ち良く夢を邪魔されたような気分になっていた。

平田はサングラスにキャップ帽。Tシャツにジーンズという軽装だった。

ほまれは眠れないほど着て行くものを選びメイクも2時間もかけた。何回もやり直したからである。

「お腹空いてるだろ?レストランでご飯食べよう」
平田はほまれの腕を掴みホテル内にあるレストランに連れて行った。

「なに食べたい?メニュー見なよ」
ほまれのほうにメニューを見せる。どれも高い金額だ。一番安いカルボナーラを指差した。

「カルボナーラ?ステーキでも食べればいいのに。これでいいの?」
「私、少食だから」
「そうなんだ。じゃ、俺はステーキセットにしよう」

いきなり右手を上げフィンガーチップを鳴らした。すぐにボーイが来た。

この人、こんなこと当たり前にするんだ。慣れているんだな…タレントっていうのはそんなものなのか。

ボーイがオーダーを聞いてカウンターへと戻って行った。

何気に腕時計を見ると午後2時20分になろうとしていた。ほまれは3時間いじょも待たされたわけだ。

テレビに出る人だから仕方ないとほまれは自分に言い聞かせた。

平田はキャップを脱いでもサングラスは外さなかった。黒いサングラス。
淡いピンク色のワンピースもメイクしたことも見えてないらしい。

「で、今日のロケはいつ放送されるの?」
「さぁ、わかんないな。ロケは一ヶ月後とか多いからね」

「…お兄ちゃん、彼女いるの?」
ずっと気になっていたことだった。
「ん?今はいないよ。」

今はいない…
今はいない…

腑に落ちない言葉だった。
もし、ほまれだよと言ってくれてれば…

食事が終わった。
「アイスコーヒーでいい?」
ほまれはうなずくと。

また平田は右手を上げてフィンガーチップを鳴らした。
ボーイがやってくる。
「アイスコーヒー二つ」

すぐにアイスコーヒーをボーイが持って来た。

ほまれはブラックで飲む。
「子供にしたらませてるよな。キャピキャピもしてないし」
「もう子供じゃありません!」
「どんな意味で子供じゃないの?」
平田は前のめりになって聞いて来る。
「別に…私は普通のギャルとは違うもん」
ほまれは他の女子高生みたいにアイドルの話や彼氏とのセックスを甲高い声で話さないってことを言いたかった。

「さぁ、行こうか」
「ドライブ?」

「いや、部屋取ってあるから部屋に行こう」

ほまれは硬直してしまった。心臓の音が聞こえる。
立てなくなってしまったほまれを平田は腕を掴みテーブルから引き出す。

どうやら平田は腕を掴んで強引に引っ張るのが癖らしいとほまれは思った。

レジを済ませたあとまた腕を掴みエレベーターの前に行こうとした。

「痛いよ」
「ごめん、ごめん」
平田はほまれの腕を摩った。

平田がエレベーターのボタンを押した。

ほまれは平田に抱かれに来たのだ。決心もつけて来たのに今さら逃げ出すなんで臆病者だとほまれは思った。

エレベーターが開き二人で小さな密室へと入り込む。平田が6階のボタンを押す。いつの間にか部屋の鍵まで持っていた。
6階まで着くのにすごく時間がかかったような気がした。
二人とも無言だった。

平田が部屋の鍵を開けた。
「どうぞ」
紳士的な振る舞いを見せた。
ほまれは恐る恐る部屋へと入って行った。
すると突然平田が後ろからほまれを抱きしめた。
「ちょ、ちょっと」
「もういいじゃないか。ここは二人だけ。看護婦もいなければボーイや他の客もいない。俺たちやっと二人きりになれたんだ」

ほまれを向き直され平田は激しく深いキスを始めた。

意識が正常ではなくなって来た。12歳で生理になり身体の変化に伴い性への興味も湧いてくる。

ほまれの口から誰からも教えられてもない吐息が出る。

「…ほまれ」
ほまれの唇を奪いながらワンピースのファスナーを下ろし脱がせた。

勝負下着もどきがあらわになる。
平田はほまれをベッドへと押し倒した。

ほまれの身体がだんだんと力が抜けて来る。

「処女じゃないんだろ?何人の男とヤった?」

「忘れた」
ほまれは嘘をついた。何故、嘘をついたのか自分でもわからない。

平田の興奮がますますエスカレートしていく。

ほまれを丸裸にし、平田も全裸になった。

「思った通り綺麗だ。ほまれの目も身体も。たまらないよ!」
平田はほまれの全身を愛撫し始めた。

愛されるってこういうことなの?
ほまれは道なる大人の女の世界へと入り込む。

「我慢出来ない。入れてもいい?」
ほまれは目をつぶったままうなずく。

平田のモノが入ろうとする。でもなかなか入らない。
「あれ?おかしいな」
平田の息が荒くなってくる。
「いいの。続けて」
平田のモノがグイとほまれの身体に入り込む。

「痛ーーーい!」
絶叫のようなほまれの叫び声が部屋中に響き渡った。

平田はビックリしほまれの身体から離れた。
シーツには薔薇色のような赤い血が大量に出た。

「ほまれ、大丈夫か?おまえ処女だったんだな。なんで言わなかったんだ?大事なことだぞ!」

「いいの。お兄ちゃんだから。どうせいつか捨てなくなるんだもん」
平田は煙草に火をつけた。
そして硬直したほまれの身体を摩っている。

著者の大塚 真理亜さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。