☆滅ぼし物語☆1期8章

1 / 4 ページ

☆滅ぼし物語☆

第8章

バットデビルを倒しに神秘の洞窟へと向かったユーリたちだったが洞窟の中では謎の液体などで苦労を強いられた。洞窟の奥地でユーリたちはバットデビルとの戦闘を繰り広げる。しかし、ソルはバットデビルに捕まると神秘の洞窟の外へと連れだされて影を切り取られてしまう。ソルの意識がなくなる中、影は魔物へと姿を変えるとともに黒い霧を出して何処かに消えていった。ユーリたちは大地に伏しているソルを発見して担ぐと栄える街へと歩き始める。

この物語は魔界に連れ去られた少年の一生を描くストーリーである。

1話(栄える街へ・・・)

洞窟を後にしたユーリたちはソルを担いで10km程歩いていると栄える街に到着する。

(タッタッタッタッタッ)

栄える街に入って、50m程歩くと宿屋に辿り着く。宿屋で部屋を借りると、ユーリは部屋の中に入ってベッドにソルを置いた。

ユーリ「大丈夫か・・・」

ユーリがソルを見張っている中、ミナは宿屋にいる一人の街人と話していた。

ミナ「あの、ちょっとお話ししませんか?」

街人(男)「いいよ」

宿屋がざわざわする中、街人にミナは率直に質問をはじめる。

1話 完

2話(目覚め)

1分程待っていると宿屋の中は静かになり、ミナは口を開ける。

ミナ「ねぇ、バットデビルが何処にいったか知ってる?」

街人(男)「うーん、よくわからないなぁ。だったら街の東側にある占い師のお店に行ってみたらどうだい?」

ミナと街人が会話している中、部屋のベッドの上でソルは目を覚まして辺りを見渡していた。

ソル「ここ・・・は??」

ユーリ「栄える街の宿屋だ」

ソルはユーリを視界に捉えるとほっとため息をして、10秒程の時間が過ぎた。

2話 完

3話(バットデビルのこと「1」)

ソルは洞窟の外で何があったのかを話しはじめた。

ソル「俺、影を切り取られたらしいんだ。」

ユーリ「影を切り取られたっ?!ちょっと見せてくれないか?」

ソルはベッドから出ると、部屋の日差しが当たっている場所に移動した。日が当たっている場所にソルは立つと、ユーリはソルの下の影を見ようとしたのだが見当たらなかった。

3話 完

4話(バットデビルのこと「2」)

ユーリはソルの周りを何度も見渡したが影がなかった。

ユーリ「影がない・・・どういうことだ?」

ソル「あの時、バットデビルに影を引っ掻かれたんだ。そしたら頭が真っ白になって倒れちゃったんだ。」

ユーリは洞窟の外での出来事を把握するとともに、ミナを呼び出した。

ユーリ「おーいミナ、ちょっとこっちに来てくれ!!」

ユーリの声を聞いたミナは街人との会話をやめて部屋に入ってきた。

4話 完

5話(バットデビルのこと「3」)

ミナは部屋に入ると、ソルが目を覚ましていることに気ずいてとっさに声が出る。

ミナ「あ、ソル起きたんだ。心配してたんだよ」

ユーリはミナに近づいて、バットデビルのことを教えると、ミナもソルの影がないことに気ずく。

ミナ「何処も痛くない?」

ソル「大丈夫だよ」

ミナがソルを心配している中、ユーリはどこからか聞こえて来た声を思いだす。

ユーリ「あの声はなんだったんだろう??」

不思議そうにしていると、部屋の隅で緑色の光が出ていることに気がついた。

5話 完

6話(光の正体)

緑色の光がだんだん強くなってくると人らしい形が見えるとともに、話しかけてくる。

(・・・よく頑張りました。しかし恐れていた事が起きてしまいました・・・)

ユーリ「あの時の不思議な声は貴方だったんですね。恐れていた事とはなんですか?!」

(・・・はい、ずっと貴方たちを見守ってきましたがバットデビルを止めることはできませんでした。)

ソル「でも、生きてるから心配しなくてもいいよ」

ソルの言葉を聞いて安心したのか、再び話しかけてきた。

6話 完

7話(フィリニア)

宿屋が静まり返る中、緑色の光を放つ女の人が口を開ける

(・・・そうですか。そういえばまだ名前を言っていなかったですね。私の名前はフィリニアといいます)

そう言うと緑色の光とともに消えていった。ソルはフィリニアの足元辺りにあった不思議な石を拾い上げる

ユーリ「その石はいつの間にあったんだ?」

著者の高橋 ひろりんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。