☆滅ぼし物語☆1期8章

4 / 4 ページ

話しを聞いていたミナがソルに話しかける。

ミナ「辛い旅になるんじゃないの?!私はまだお父さんの仇を取れていないからついていくけど・・・」

ユーリ「決まったな。じゃあ今日は宿屋に戻って明日の朝に出発しよう」

そうすると、ユーリたちはエミリアの店を後にした。

21話 完

22話(決意を胸に・・・「2」)

ユーリたちは占いの店を後にして20m程歩くとエミリアの声が微かに耳に入る。

エミリア「頑張ってねーーー!!」

エミリアの声を聞いたユーリたちは思わず走り始めて中央広場へと向かう。

(タッタッタッタッタッ!)

占いの店を後にして280m程走ると中央広場に到着する。中央広場は静かになっていてディア・フゥルスが見当たらなかった。

ソル「どうなってるの?!」

ユーリたちが中央広場の辺りを見渡していると緑色の石を見つける。すかさずソルは緑色の石を拾い上げた。

22話 完

23話(決意を胸に・・・「3」)

ソルが緑色の石を拾い上げると声が微かに聞こえてくる。

フィリニア「なんとか追い払えました。早く魔王を滅ぼさないとまたこういうことが起きてしまいます・・・」

そういうと緑色の石がだんだん光を失っていく。

ソル「どうしたの?!」

フィリニア「ここで一旦お別れのようです。後は頼み・・・ま・・・」

緑色の石が光を失い、ただの石ころになった。

ユーリ「くっ、逃げてしまったからか・・・」

小さな声でそう言って後悔するがもう遅かった。

23話 完

24話(決意を胸に・・・「4」)

中央広場で3分程時間が過ぎるとユーリたちは宿屋へと向かいはじめた。

ユーリ「宿屋に戻るぞ・・・」

ソル「わかった」

短い会話は交わしながら歩いていると宿屋に到着した。宿屋の中へ入って部屋を借りると、それぞれの部屋に散っていった。

(ガチャッ!!)

ソルは自分の部屋に入るとベッドに座り込む。

ソル「魔界か・・・あの時はあそこが魔界とは知らなかった。もしかしたら俺がいた檻は魔王城の中の??」

考えこんでいる内に辺りが暗くなり、急に眠気が襲ってくる

24話 完

25話(決意を胸に・・・「5」)

眠くなったソルはそのままベッドに入り、眠りについた。

ソル「・・・zzz」

朝を迎えるとともにソルは起きて一人で準備を始めた。

(ガチャッ!)

ユーリも起きたらしくソルが準備しているところをみた。

ユーリ「なぜ起きているんだ?!」

ソル「寝れなくて・・・」

ソルの言葉を聞いたユーリは自分の部屋に戻って準備を始めた。そこから30分程の時間が流れると準備を済ませたミナとユーリがソルの部屋に入ってきた。

25話 完

26話(辛い旅に覚悟して・・・)

ユーリは準備が丁度終わったソルを見る。

ユーリ「出発するぞ!」

ミナ「辛い旅になりそうね」

ソル「そんなことはないよ!!」

軽い会話を済ませると宿屋をでて少し歩いて栄える街を出た。

ユーリ「いくぞっ!!」

ソル&ミナ「はいっ!!」

覚悟を固めたユーリたちは魔界へと向かい始める。

8章 完         

著者の高橋 ひろりんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。