誰かのために

誰かのために、と言うと何をかっこつけてるんだと思われるかもしれない。それはそれで仕方がないけど、当の本人はそんなことは全くない。僕は地方や僻地医療をなんとかしたいと思って、お医者さんのヘッドハンターをしている。一言で申せば、都会で働くお医者さんに田舎や僻地の病院でお力を発揮していただけませんか?というものである。田舎や僻地にだって人は住み、お年寄りが多い。そういう環境の病院で、おそらく都会の病院より施設や機器もイマイチだろう。でも、そこで力を発揮していただきたいと思い、僕は何とかそんなお手伝いをしている。自分だけではなく誰かのためになればと思っている。それは僕が死ぬまでのライフワークなんだ。大変だけどね(笑)。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の中田 孝一さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。