一年間療養中に、痛みでストレスパンパンだった日常が、ストレスと戦わなくてよくなった話

1 / 6 ページ

この話は「30歳で脳の1/5が無いことを知って、心と精神が大振れ、でも○○だったことに気付けて、人生変わったという話」の続きになります。


少し振り返ると、

ある年の年末に目が回り始め、約半年後、ニュースをきっかけに脳神経外科へ行きます。

そこで、自分の脳の画像が1/5真っ黒になっていることを知ることになりました。

心や精神的に大振れしたものの、あることに気がついて、心はスッキリすることが出来たんです。

そのあることが、自分の一部である脳の1/5が無いという情報が自分の存在の全てだと思い込んでいたことに気付けたからでした。


しかし、頭痛が続き、仕事はできず、やりたいと思うことの全てができない状況は変わることはありませんでした。

今回は、そのストレスに関しての気付きについて書いています。

ある気付きから、ストレスから自由になれたという内容です。



心は晴れても、相変わらず頭痛は続く。どうすりゃいいんだか。



心がスッキリしても、現実は現実として現象は変わってはくれませんでした。

頭のどこかでいつも、痛みや重たさを感じる毎日が続いていたんです。

毎日うなっていました。

「うんんんんんーーん」

「この脳の締めつけはいつまで続くんだ」

「頭に穴を開けて、脳を丸洗いしたい」


毎日毎日、脳みそを締め付けるような圧迫感とズシンズシンとするような痛みに苦しんでいました。



よく、

「心がスッキリすれば、全てがうまくいく」

なんて情報をネットや本で見かけますが、あれは嘘です。


ちょっと恥ずかしい話ですが、この経験をするまで、心さえスッキリすれば現実も含めすべてがスッキリするんだと思っていたんです。

なので、前回の話で心がスッキリしたときに、すべてから解放されるんだー!なんて思っていました。

でも、どうやら違っていたようです。魔法はないよということです。



この時は、布団から出ることさえ出来ない日もありました。

ストレスから自由になるには、もう寝るしかありません。

頭痛から自由になることが、ストレスから自由になることでした。

お酒に手を伸ばした時もありました。といっても、一時的な自由です。お酒も魔法じゃないんですよね。



みんなの読んで良かった!