夫が再就職。その後パートII

このエントリーをはてなブックマークに追加
19

10月、私は1ヶ月間出張していました。


出張中に家に電話をこまめに入れたりするほうではないので、基本連絡はテキストです。

10月半ばに、夫からメッセージが。

「10月17日からExemptでフルタイムになる」


えーっと、行間から読むと、正社員になった、ってことなんだろうか?

話を聞いてみると、どうやら、テンプで雇ってもらった会社が正社員にしてくれたらしい。ワーオ。。。

本人がずーっと「自分が何やってるのか分からない」くらいの勢いで、まるでちんぷんかんぷんだ、と言い続けていたので、私はひょっとして年内に首になってしまうのでは、と思っていました。


正社員になれたことは、正直、驚きました。


夫はこの1年、いろいろなクラスを取ったりしていました。結果として、とったクラスのどれとも直結していないこの仕事をしています。本人は、不満そう。

でも、ずっと家にいて、コンピューターの前で鬱々としている生活よりも、毎日ちゃんと身支度をして、決まった時間に家を出て、ちゃんと労働した分お金をもらえるほうが、よっぽど健康的です。

夫は明日、55歳になります。

54歳のうちに転職できて、おめでとう。

次の誕生日まで、首にならず、頑張って働いてください。欲を言えば、欝も治るといいね。私ももうちょっと頑張るよ。


小さいことかもしれませんが、10月には良いことが続いたように思います。

まず、50過ぎてからリストラされた夫が転職できた。

メイン州のテナント、弁護士を使って強制退去に成功しました。

アーカンソー州の投資物件、修理がすべて完了しました。

そして、裏庭のフェンス、立て替えました。これは、私の土日のバイト、3.5ヶ月分のお給料です!

最後に、息子の下の歯も矯正開始しました。


悪いことを数えると限りなく出てくるんだと思う。でも、少なくとも、10月は、良いことが続いた月だった。

来月はどうなるか分からないけれど、日々、しなければならないことをこつこつとこなして生きていきます。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satokoさんが次に書こうと思っていること

|

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchiさんの他のストーリー

  • 一気に開いた日本へのドア

  • Nishiguchiさんの読んでよかったストーリー

  • 【第六話】『旅支度』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜