出会ってすぐにモノを買っていただくスキルを路上販売で身につけた話

このエントリーをはてなブックマークに追加
45


人生の方向性が定まった僕は    


残りの学生時代に

3つのことやると決めた




1つ目

大学生のうちに、

自分が活躍したい業界の

成功者とつながりを作ること。 



2つ目、セールスの達人になること。

3つ目、自分でビジネスを行うこと。 




具体的にどんな

取り組みをしていたかというと


 


①成功者とのつながりを作ること。

大学生のうちに一泊二日で8万の

経営者セミナーにいった。


当然、「え?君よく来たね!」

とご縁を作ることができた。

ここで出会った、

川畑、川田社長には本当にお世話になった。



②セールスの達人になること


自分でビジネスを行いたいなら

セールス・コミュニケーションの達人になりなさい。

と大富豪の教えに書いてあったので


そのまま実行することにした。 



「営業代行会社、インターン、仙台で」検索して


一番辛そうな営業会社に電話した。笑

どうせなら、揉まれようと思ったからである。



失う物はなにもないのだから。



あのー、

インターンの募集みたんですけど・・・・


いいですよ!
うちでは営業研修というのやってます

一度会いましょう。
面接しますので履歴書持ってきてください




結論からいうと、

スタバでその時出会った

林社長と話をして


インターンで雇ってもらえるこ

とになった。



林社長は、関東で営業会社を作って

仙台に支店を立ち上げたばかりだった。


支店と入っても、4畳のワンルームオフィス。

そこに寝泊まりしながら、

クライアントの案件を取り扱っている。


売れればなんでもok

ルールなどない。


成果をあげれば評価され、

上がらなければ給料がほぼない。


まさに力をつけるには最高の環境だった。



当時取り扱っていたのが、

ウォーターサーバーだったので

仙台の街でウォーターサーバーの

キャッチセールスから

スタートすることになった。 



最初は歩いてる人に

声すらかけられず、

成績0の毎日。




どうやっら売れるのか?

社長の真似を徹底的に行った。



社長はお客さんと話をすると

すぐ契約まで持っていてしまう。

セールスの達人だった。

  



社長のセールストークを

録音して覚えて、

完全にモデリングした。



その結果最後の最後には

頑張って東北1位の成績を

収めることができ



北陸支店の立ち上げも行った。


北陸支店は新潟の古い

マンションの一室からスタート。

全く売れずに撤退したが、いい経験だった。




僕は約1年間のこの経験で

コミュニケーション

セールスの基礎を身につけた



研修では、歩いている人に

修正ペンを売るという試練があり 

どうすれば人は物を買ってくださるか?

ということを 実践で体に叩き込んだ。




100円で売ってこいと言われたけど

500円で売ってくることも

できるようになっている。




ここで学んだことは

最初はできなくても

だれでも練習して集中すれば、

結果を作ることができるという

成功体験。



集客は最終的に、

歩いてる人に声かけるくらい

本気でやれば必ずうまくいく。

という確信がある。

 


3つめ

自分でビジネスを行うこと 

これはネットを使って転売を行った。

海外輸入転売というやつである。



日本で売れてるものをリサーチして

中国から輸入して、webで売った。


結論から言うと、

赤字になって失敗しました。




はじめは儲かったが

参入障壁が低いため

徐々に在庫を抱えて売れなくなり 

合計で100万赤字を出した。



大学生で100万の赤字を作るやつは

あまりいないんじゃないかと思う。笑



ここで学んだのは、

お金を求めてもうまくいかないということ。


自分のコアから外れている事をやっても

ワクワクしない、売り上げが立たない、

ストレスだらけ。



小規模だが

ビジネスの怖さを知った。




休学(退学)してから、卒業するまでに2年間

本当に思いっきり活動した。


もし、今大学生くんが

がこの文章を読んでいたら伝えたい。



本気で動いたら、何かしら見えてくる。

何も行動しなかったら、未来は暗いよ。

未来を自分で掴みにいこう。



そして、僕は大学を卒業し

東京の営業会社に就職する事にした。

3年ほど、法人営業で力をつけてから

セミナー業界に行こうと思っていたからである



しかし、人生の神様は

もっと早く僕にチャンスをくれた・・・・


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

菊地 大樹

ブログ×SNSを活用して お客様が自然と集まるコミュニティ集客術  

菊地 大樹さんが次に書こうと思っていること

|

菊地 大樹

ブログ×SNSを活用して お客様が自然と集まるコミュニティ集客術  

菊地 大樹

ブログ×SNSを活用して お客様が自然と集まるコミュニティ集客術  

菊地 大樹さんの他のストーリー

  • セックスさせるから、その時計くれよ! インドネシアの孤児院で貧困生活を体験してみてわかった事。