大企業で働く元高校球児の営業マンがうつ病となり、初めて訪れた甲子園で元気をもらった話。

1 / 6 ページ



入社3年以内に会社を辞めてしまう人が30%もいるという時代。




職場の人間関係や仕事への不満など様々なストレスをため込んでいる人は多いと思う。




おれ自身、入社2年目だけどもう会社に行きたくないと毎朝思ってる。




そんなおれが少しだけど元気になった話をします。








会社に行きたくない…。なんのために生きているのか。



一週間のうち、一番憂鬱になる日は?




ほとんどのサラリーマンは日曜日と答えると思う。




おれも同じ。日曜日の夜はいわゆるサザエさん症候群を猛烈に発症する。




そして月曜日の朝は戦争に駆り出されるかのごとく動悸がする。








今は誰もが名前を知る大企業で働いており、2年目の営業マンである。




まだ2年目ではあるが、性格的に営業は合わないと思っている。




もともと理系大学院卒のため、何かを一人でもくもくとやる方が性格に合っているのである。




今いる職場は簡単に言うと「パワハラ」である。



おれの上長は土方出身ということもあり、見た目はほぼヤクザである。




見た目の通り言葉使いは粗暴である。




しかし、仕事に対する姿勢はかなりストイックである。




例えば書類やメールにおいては文言の一字一句細かく確認される。




当然、ミスについては徹底的に言及される。




また、時間にも厳しく、30分くらいかかる作業でも5分でやれとかざらである。




終わらなければフロア中に聞こえる声での罵声を浴びせられる。




当然急いでやるので、時間内に終わらずミスもあるわけで…。




それに加えタチが悪く、おれのミスを飲み会や喫煙所、昼食時のネタにしているのである。




さらにおれの部署では飲み会はかなり多い。




土日も含めて飲み会が多く、終電も関係なく飲みまくるのである。




ちなみにおれはお酒はかなり弱く、学生時代にパッチテストを受けたとき、

「君はお酒は飲まないほうがいい」と言われたほどである。




学生時代に飲み会をあまりやっていなかったので、焼酎の水割りの作り方は知らないし、

お酌の仕方や灰皿の変え方など、とにかく毎日説教された。




社会人なのに一気飲みも激しく、ビールや焼酎、日本酒を何度も一気させられ、毎日のように吐いた。



著者のK New Yorkerさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。