『河 岸(カシ)』父親と暮らした記憶がない、半身の私が、人生の旅に出たストーリー

1 / 47 ページ


あなたには、岸の向こうに何が見えましたか?

そして、何を感じましたか?



ー教えてください


1970年 戦後、日本が高度経済を成し遂げる最中。

ちょうど大阪万博が開催された年に、私はこの地に生を享けた。


私は、お母さん、5歳上のお姉ちゃん、3歳上のお兄ちゃん、私との4人家族である。

小さい頃のお姉ちゃんは体が弱かった。
性格もおとなしく真面目で、気の弱いところもあり、医師から20歳まで生きられないと言われたと聞いた事がある。(今では、2人の子の母親として元気でいるが)      

お兄ちゃんは、女の中のたった1人の男だっったせいか、気の優しいお兄ちゃんだった。

私は、末っ子で甘やかされ、小さい頃から落ち着きがなく、自由奔放な性格だったと思う。

(今でも変わらないが・・・・)


お父さんとは、一緒に暮らして居なかったが、毎年、お正月の元旦には、父方の、おじい様の家に兄弟で行くのが恒例であった。

おじい様の屋敷は、自宅からバスで20分ほどの所にある。

両扉の大きな門の横に出入口があり、そこから出入りする。

門には、松が植えてあり、庭の池には錦鯉が泳いでいた。趣きのある割と大きな屋敷であった。

屋敷の横には、おじい様の営む会社の印刷工場が隣接していて、屋敷と会社の事務所が繋がっていた。

正月の元旦は、おじい様の家に孫達が集まった。

おじい様に、一人ずつ、三つ指をついて、新年のあいさつをすると、お年玉がもらえた。

それも、かなりの金額だった。小学生の私に、5万円程あり、時には10万円も入っていた年もあった。


 おじい様は〝 厳格な人だった 〟であった。

あいさつ以外に話しをした覚えもない。

話しかけづらく、向こうからも話しかけてこなかった。


ー少し怖かった。


 おばあちゃんは、話し好きで、サバサバしていたが、少し冷たい感じがした。

 お父さんの兄弟姉妹には、まずお兄ちゃんがいた。

その叔父さんの子供は、男の子が2人いた。

従弟にあたる健一君と浩二君だ。2人共とても背が高く、おじい様の屋敷の鴨井に、いつも頭をぶつけそうだったのを覚えている。

私が高校生の時、お正月に、叔父さんは見覚えのない着物をきた奥さんらしき人を連れてきた。

叔父さんは、小さな女の子を抱っこしていた。

叔父さんは、お父さんと違って、愛想が良くいつもニコニコしていた。

 お父さんには妹が2人いた。

恵子叔母様と京子叔母様。

 恵子叔母様には、女の子と男の子の、年子の2人の子供がおり、顔立ちは日本人離れをしていて、綺麗な姉弟だった。

上の女の子の清香ちゃんは、色白で、フランス人形のように可愛く、クラッシックバレエを習い、お嬢様の雰囲気があった。

下の男の子の誠君も、無邪気で可愛い男の子だった。

京子叔母様は独身だったが、とにかく美しかった。

みんなの読んで良かった!