ミラノの繁華街で愛車が爆発炎上した話

1 / 5 ページ




結論から言おう。乗っていた車が爆発した。ただそれだけの話しなんだが少し付き合ってくれ。

ぶっちゃけイタリアって不良品が多いからなのか、私以外でも燃えてる車を何度か見た。初めてみたのはローマのバチカン。サンピエトロ寺院の前で車が燃えてるから最初テロかと思ったね。観光客もバスから降りて荘厳なサンピエトロ寺院に感動する前に、みーんな燃えてる車の写真撮ってたもん。


多分信じて貰えないと思うけど、本当にあちこちでよく燃えてる。

ほら、パトカーも。





ミラノに住んでた2年間で私はトータル3台の車に乗り、そして3台とも廃車にした。そんな悲しくて切ないお話しをしたいと思う。

イタリアっていったら基本的に道路交通法ってナンデスカソレ美味しいの?っていうぐらいに運転モラルが超低レベルなのはイタリア旅行した事がある方であればご存知の通りだと思う。


ローマに降り立てばそこらじゅうでクラクションが鳴り響き、ウインカーは出さないし、3車線道路には車線を無視して5台が並び、これ何処から脱出するの?っていう有名な二重駐車もイタリアの代名詞だ。




あと、一部の高級車を除き、つまりは98%ぐらいの車は洗車をしないし、アチコチぶつけても板金塗装に出すという文化がない。というよりぶつける前提でバンパーがゴムで出来てたりする。


私が当時よくやってたのは、街中を走ってる時に知り合いの運転する車を発見すると、追いかけて行き信号待ちで停止している知り合いの車の後部に向かって結構な勢いで、しかしムチ打ちにならないギリギリの勢いでドーン追突する。で、相手は当然怒って窓から顔を出して後ろを振り向く。





で、「よっ!」って挨拶する。


こんなお茶目な遊びをしょっちゅうやってたね。


また、当時はヒルトンホテルの駐車場を借りてたんだけど、ホテルの正面玄関の車寄せに沿って特別駐車スペースが縦列4台分あった。そこに停める事は許可されていたものの原則はホテルの中でもVIP専用の特別駐車スペースであり、普通の宿泊客ですら駐車できない。とはいえ早い者勝ち的なルールでもあった。


当時会社で2台のクルマを保有してたから1台は常に停まっていて1台は戻ってきた時に空いていれば停められる、そんな状況だった。


だから私はあるワザを編み出した。4台中2台が会社の車の時に1台乗って出て行くと、帰ってきた時に取られてしまう恐れがある。


それを防ぐ為に、先頭の車で出庫したあとにバックしてサイドブレーキを20%程しかかけていない2台目の後ろに周り前方に押し出す。残ってる1台が2台分の丁度真ん中にくるところまで押してやる。こうする事で4台スペースに3台駐車していてもう1台が入れない。


そして戻ってきた時に2台目の後ろからドーンと追突してスペースを作り駐車する。これは画期的だったが、ヒルトンホテルの支配人が車寄せに出ていないタイミングを見計らってやる必要があった。

みんなの読んで良かった!