【Part 1】 「26歳、職ナシ、彼女ナシ、実家暮らし男子が、とりあえず、統合失調症になってみた。」

1 / 5 ページ

はじめに~宮沢章夫「彼岸からの言葉」を借りて~
















 自分がこれから書く文章は、「統合失調症患者」からの言葉だ。








 自分は、今も現役で「統合失調症」を患っている。この本著を通じて、




「統合失調症」と言うのはどういうものなのか?医者からの見解ではなく、




発症している「現役」患者からのメッセージを伝えていきたいと考えている。








 宮沢章夫のマスターピースエッセイ「彼岸からの言葉」の表紙は、



みんなの読んで良かった!