やついフェスティバル2015 レポート 感想 ~『僕の(フェス)童貞を奪ったのは、やついいちろうでした。』6月19日(金)編~

1 / 2 ページ

やついフェスティバル2015前夜。


 水曜日に、雨に打たれて、体中から汗が止まらないという前途多難な旅行前日となりましたが、

6月19日から22日まで、3泊4日の、大規模な旅行をしてまいりました。

 何人の福沢諭吉さん、野口英世さん、そして、樋口一葉さんとお別れしたか、わかりません。


19日午前3時起床。読書。ラジオ。


風呂に入り、早めに出発。


朝の6時に長岡北の高速バスで、長岡を起つ。


朝11時。今回の旅の目的は二つ。ひとつは、4年越しの夢である、やついフェスティバルの参加。


そして、4年越しの夢である、アメリカ、ペンシルヴァニア州の女の子の友達。コートニー、(18歳!!)(Courtney)と出会うこと。


 果たして、まず、コートニーにあえるのだろうか。騙されているんじゃないか。チャットだけしかしてないし。とか思っていたが…。


 期待と不安と、ちょっとの不安を胸に、池袋到着。待ち時間をリッチに。と思い、目白にある、高級ホテル。「椿山荘(ちんざんそう)」に行くことにしました。


 自分の尊敬している著者、千田琢哉さんのブログに載っていたり、『できるビジネスパーソンは、ホテルのラウンジで、時間を買う』と何度も言っていたり、自分も行きたい!と思い、憧れの椿山荘に行きました。


 もうね!びっくり!Tシャツとチノパンで、入っていったけど、ダイジョブかな!それよりも、コートニー、日本に来るのかな?と、不安で、タブレットをスクロールスクロール。1時間ほど経って、自分は愕然としました。


 「13:55に、東京着く!」


 というメッセージを、見落としていたのです。早く言ってよ~!いや、見落としていたいのですが。


 おかわりをしてくれる紅茶のポッドを3つ飲んだり、充実した、初椿山荘でした!


 椿山荘で、コートニーへのおみやげを買い、新宿のブックファーストへ。


 「新宿駅から徒歩3分、

新宿西口最大1,000坪、90万冊の品揃えを誇る大型書店。」


 1000坪!!!!90万冊!!!もう、一日中いても飽きないここで、コートニーを待つことに。


 そこで、「英語で日本紹介ハンドブック」という本が、表紙を表にして展開されていた。


 電流が走った。この本に出会うために、この本屋に入ったんだ。

と思えるようになった。

結果で言うと、4時間、ひたすらブックファーストで、コートニーを待っていた。

ただ、90万冊もある地下一階・地下二階、本・本・本・・・。「本に溺れる」感覚がある、ブックファースト。


 和光大学の鬼教授、「上野俊哉」氏の「荒野のおおかみ・押井守論」を読んだり、大泉洋エッセイ文庫本を読んだり、「読んだら忘れない読書術」。を本を読んだところで、ついに、コートニーからメッセージが来る。


 「今、着いた!おばあちゃん、疲れてる(*_*;」
 「keio plaza hotelって、知ってる?」


 ついに、ついに来たんだ。コートニーに会えるんだ。


 自分は、19時に新宿で飲み会があるけど、どうしても会いたくなって、京王プラザホテルを調べる。


 ………。ブックファーストから、徒歩五分じゃん!!!!!


 この時、18時15分。わっさわさした気持ちを抑えられず、西口の小田急百貨店にいましたが、歩いて、京王プラザホテルへ。


 ここにいるね。という、写メールを、スカイプで送り、ドキドキしながら、新宿の東口の交番へ。小雨が降る中、和光大学時代の親友と待ち合わせ。


 「今日、この飲み会が終わったあと、何してんだ?」


 「コートニーを待ってたんだよ。」


 「コートニー?!」


>>>>>>


僕とコートニーとの出会いは、とても不思議だ。


コートニーとの出会いは、今から4年前に遡る。4年越しって、書いてあるけどね。


Lang-8(ランゲート)という、英語添削日記サイトで知り合った。

このサイトは、日本語話者が、英語で日記を書き、

英語圏の人が、それ、「a」じゃなくて、「the」だよ~。と、添削してくれる。


逆に、海外に住む日本語学習者が、日本語で書いた文章を、

そこ、「が」じゃなくて、「は」のほうがいいよ~と。添削するサイトで、意気投合し、

スカイプ(チャットができるアプリ)で、コートニーが日本語でチャットに書き込みをしたり、

一生懸命日本語で、話しかけてくれたり。その気持ちが嬉しくて、自分は一生懸命英語を勉強した。

でも、それが全然苦じゃなく、楽しくて楽しくて、仕方なかった。


今でも、TOIECの自己採点は、365点(満点が990点)だけど、度胸は付いた。


僕はもう、言語の壁を、恐れない。


コートニーと初対面したのは、京王プラザホテルのロビーだった。


おばあちゃんのジョーンも一緒で、思わず、


「Nice to meet you. No! Long time no see!」
(はじめまして!いや、お久しぶり!)と、初めて喋った。


この瞬間、辻仁成の「やっと会えたね」を超えたと感じた。


 コートニーは、とてもかわいい。飛び抜けて可愛い。フランス人形のように繊細で、華奢で、守ってあげたくなる女性だった。18歳だ。


ひと通り、集合写真を撮り、コートニーから、



コートニー
「イッショに、イキマショウ」


と言われた。


ジョーンに、「Are you all right?

(超訳:このシンデレラ、新宿という不夜城へ連れて行っても大丈夫かい?)」

というと、野暮なことは聴くな。的な顔をして、快く、デートを許してくれた。


京王プラザホテルから、新宿のブックファーストへ。

思い切って、冗談半分で、「Is this call “date”」これって、デートなのかなというと、


コートニー
「ワタシは、れんあいに、きょうみが、アリマセン」


あちゃー!!もう、振られてるんじゃん!!

4年越しの思いは、儚くも散っていった。

門限が夜の10時。今が、9時15分。西口の京王プラザホテルからは、東口には行けないと思い、


ブックファーストへ。




そこで、お目当ての「英語で日本紹介ハンドブック」



を、購入。そのままプレゼントしようとすると、

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。