『ひとを応援していたらいつしか応援されていた』物流応援され団長 誕生秘話

1 / 14 ページ

●第1話 誕生


2000年5月1日、小牧にあるの住宅の一室にファックス兼用の電話機と

パソコンとが持ち込まれた。その後通信回線の工事が始まり、わりと早く

その工事は終った。工事業者が工事の明細を置いていった。

その明細に記載された宛名は、「有限会社ヤマネット」

物流応援団の誕生である。


時は、1999年12月、M運送の会議室では役員会が行なわれたいた。

常務取締役営業本部長の山田は、その席で突如辞意を社長以下役員に伝えた。

一瞬騒然とし、その後、静まり返り、専務が社長に問う、


専務「社長、どうするんですか!?」

社長「(窓の外を見ながら)それで、ええんじゃないか」

山田「わがまま言ってすみません!有り難うございます!」


社長と山田の間に交わされた、この短い会話の中には、二人にしか分からない

16年間の様々な思いが、交錯していた。


その後、約3ヶ月間、業務引継ぎ、内外沢山の方々へのご挨拶を滞りなく

完了させ2000年3月末日、高校を卒業してから16年間のサラリーマン生活に

幕を下ろした。 


退職した翌日、気が付けば、

就職活動は勿論、次の仕事の準備を何もしていないことに気付づく。

まぁ 何とかなるさ と、1ヶ月間で、会社設立、利用運送認可等の

手続きを終えました。 

さぁ会社は出来た! 社長になった! 利用運送の許可もおりた!

自宅の一室とはいえ、小さな事務所もできた!


ヨーシ!やるぞぉ~!!

とはいえ、仕事は??? ない・・;

何するの??? 決めてない・・;

お金は??? ない・・;

無い無い尽くしで始まった、ヤマネットでした^^;


しかし!俺には元氣と明るさ、そして、沢山の友達がいる!

これがあれば大丈夫!

何とも のんきというか脳天気というか・・・


こんな、ヤマネットの創業だったんです。

この先数日間に渡り自己開示しながら、今日までを振り返って参ります。

そこから、研修で、私が熱くお伝えしていることが、実体験に基づいた

みんなの読んで良かった!