自閉症スペクトラムの私が生きる世界(1)

1 / 6 ページ

後編: 自閉症スペクトラムの私が生きる世界(2)

波瀾万丈の人生を歩みながら・・・


はじめてのピアノ・レッスンの生徒さんが自閉症だったり、


自分の子どもが、アスペルガーのような気がしたり、


自分のパートナーがアスペルガーの診断を受けたり・・・


そんな事があって、


自閉症やアスペルガーや、ADHDのことを、調べているうちに、


なんと!


自分のあのころの状態は、自閉症そのものだったとか、


あの状況はアスペルガーの対応だったとか、


この癖は、ADHDの特徴そのものだとか、いろんなことがわかってきました(笑)。





そして今、私は、自閉症や、アスペルガー、発達障害、ADHDの子どもたちや、


その親御さんたちと、いろんなところで関わっています。



自分自身が、幼いころから、感じてきたことや思っていたことを、


お話したりすることで、親御さんたちが、安心したり、


子どもたちとの関係の取り方を考えたり工夫したり、


また、子どもたちの気持ちを


理解したりする助けになっていることがわかってきました。


当事者や、その家族のために、どうしていいのかわからなかったり、


困っている人のために、自分のことや、パートナーのことを書いてみたいと思いました。



みんなの読んで良かった!