31歳で獣医をやめなんとなく絵を描き始めてから家賃0円のクリエイターズシェアハウスに受かるまでの話

1 / 7 ページ

日の当たる広めの部屋で画材や作品を十分に置くことができ、2メートルくらいの大きな絵が描けるアトリエがあって、1階の窓を通じて外からでも作品が見られるようなスペースがあったらいい。東京23区内で、川のそばがいい。人が遊びに来た時にゆっくり話せるようなリビングがあって、おしゃれな内装だといい。


しかもタダで。


そんなささやかな妄想が叶ったのは2014年6月だった。家賃0円のクリエイターズシェアハウスTOLABL(トラブル)。リレーションズ株式会社というベンチャー企業が立ちあげたコンセプトシェアハウスで、住人募集時には101人もの応募があり、現在も入居希望や関わりたいというクリエイターがあとを立たない。


▼家賃0円クリエイターズシェアハウスTOLABL(トラブル)

http://www.tolabl.com/


101名の応募から4人が住人として選ばれた家賃0円シェアハウス

101人の応募の中から住人として選ばれ、家賃0円で住むことができたのは、たったの4人。元獣医師で細胞アーティストという謎の経歴をもつ私は、獣医大学への入学倍率よりも高い倍率をくぐり抜け、2014年7月よりこのシェアハウスに住人として住むことになった。


話を2011年まで遡る。


2011年の2月、私はまだ病院勤めの臨床獣医師をやっていた。いわゆる動物のお医者さんである。臨床医としての将来への不安もあったが、何より日々の精神的プレッシャーの大きさから、「これ以上できない」そう感じていた。黒くまとわりつくような恐怖感を、いつも身体の周辺に感じている日々だった。


絵本作家になれたら、イラストレーターになれたら。


そんな夢物語を思い描きつつ、とくに具体的な行動は何も起こせないまま、2011年2月で仕事を退職することにした。

それまでは実家で暮らしていたが、仕事を辞めて実家でダラダラ暮らせば親から怒られると思い、就職のあてはなかったが、退職と同時に家も出ることにした。


住み始めたのは都内のシェアハウス。気のいいイラン人がオーナーだった。


新しい環境で新しいことが起こりそうな根拠のないワクワクを抱えていた矢先、東日本大震災が起きた。交通機関は麻痺し、コンビニに物がなくなる異常事態。ちょうど職をなくしたところだった自分自身の気持ちもふさぎ込み。お金をなるべく使わないように部屋に引きこもった。


その頃、友人がギャラリストの人を紹介してくれ、その人のアレンジした展示を見に行きながら、絵を見せる機会があった。


ちなみに、私のアートのキャリアは小学校から高校までの授業と、高校時代に週に1回だけ習いに行ってた油絵の教室、それに獣医大学時代に100万円くらい払ってほとんど提出しなかった通信教育が全て。


2011年の2月に習っていた絵本講座の先生がくれた紙がすごくツヤツヤで描きやすく、その時にサラサラと描いた絵を気に入ってくれた友人が、「他の人にも見せたらいい」ということで紹介してくれたのだった。


▼ちなみにその頃の絵はこんな感じ。


その人の紹介で、6月に開催されるグループ展に参加することになった。ギャラリーで展示するのはもちろん初めて。アーティスト・イン・レジデンスのように、ギャラリーで3週間公開制作し、その後1週間展示するというスタイルのグループ展だった。


もちろん、無料ではなく、1ヶ月で10万円かかった。通常のギャラリー費用としてはかなり安い部類に入るが、無職になったばかりの自分には十分高い金額だった。


それでも何か、変化が欲しかった。目的なく生きているより、何かやっている感じを出したかっただけかもしれない。


この展示に参加した作家さんは、美大生やデザイン学校の人たちばかりだった。美術系の教育を受けていないのは私くらいで、他の人たちが描く作品は、どれもなんか高そうでかっこよくて、オシャレに見えてゴージャスだった。それから比べると自分の展示は高校の文化祭みたいだった。


みんなの読んで良かった!