就活を中断し初めてのひとり旅。何もかも分からなくなって辿りついた1つの答え。「自分で証明するしかない!」

1 / 21 ページ




人はなぜ旅へ出るんだろう。




「旅行」と「旅」は違うと私は思う。


「旅行」っていうときは

自分が普段暮らしている場所とは違うところへ行って

その知らない土地の風景や文化を楽しんだり

食べ物を楽しんだり、お土産物を見たりとか

純粋にそういった行為自体を楽しむ、観光的要素が強いイメージ。

表面的な感じというか。


でも、「旅」というとき。

これは、もちろん上に書いたような「旅行」と同じ要素が含まれるのだけど

その行為を通して、なにかもっと

深い何かを探しに出掛けるような

出逢いにでかけるような

自分の人生のヒントのようなものを掴みにいくような

そういうもののような気がする。

だから、「旅行」よりも「旅」の方が

人との出逢いの価値が大きい

そんな気がするのだ





これから私が語るお話は、今から4年前。私自身が大学3回生~4回生にかけて

人生に迷い、何もかもが分からなくなって、初めてひとり旅をし

やっと1つの答えへと辿り着く、リアルストーリー。

私にとって私自身の人生を生きるための、原点であり岐路となった旅のお話です。




―就活に対する疑問―

みんなの読んで良かった!