やりたいことがない若者は、田舎へ行こう!

1 / 10 ページ

~人生で大切なことはすべて、粟島で学んだ~

「もうだめだー」


 その日、僕は倒れた。。。。








 「何でこんなに生きづらいんだろう?」


 「何で、毎年3万人以上も自殺者が出続けるんだろう?」


 「何で、こんな世の中なんだろう?」


当時の僕は思い悩んでいた。


 いわゆる「名門」と呼ばれる早稲田大学を卒業し、「優良企業」と呼ばれる一部上場企業に入社し、「いい大学 ⇒ いい会社 ⇒ いい人生」という、「エスカーレーター式幸せな人生」が歩めると思っていた僕は、社会に出て、社会の厳しさ、自分の考えの甘さを思い知った。


 大学までは、部活の同期の中では、頼られる存在だと思っていた。

 入社したときも、同期からは「困ったときの西畑頼み」「一家に一台西畑が欲しい」などと言われ、「自分はできる」「頼られる存在だ」と思い込んでいた。


 ところが…。


 いざ、新入社員研修が終わり、支店に配属になると状況は一変した。


「田舎がいい」「関東からは離れたい」と思っていた僕は、希望して福岡支店に配属された。

 ちょっと行けば海、ちょっと行けば山。食も豊かで、人柄もいい。

「福岡に来れてよかった」と思っていた。

 しかし…。



 いざ、仕事となると、先輩たちに比べて、何もできない自分がいた。


 メーカーの新人営業マンとして、ルート・セールスで販売店を回るも、何をしたらいいのかがわからない。ただ、お話したり、情報と思われるものを持って行って喜ばれても、それが売上につながっているのかわからない。そもそも、製品自体は勝手に売れていくような仕組みが既に出来上がっており、「自分はいなくてもいいんじゃないか」と、だんだんと思うようになっていった。


 そして、ちょっとしたミスの連続。生まれつき、短期記憶に苦手意識があった僕は、記憶をメモで補おうとするも、仕事量の多さ、情報量の多さについていくことができず、頭の中は常にパンク状態。自分が何をやっているのか、わからないようなモヤモヤした感覚を味わっていた。


 そして、連日の飲み会。

 先輩たちと、毎晩のように10時くらいから飲み始め、解放されるのは12時、1時が当たり前。

 朝は眠い目をこすりながら出社。お昼は極度の睡魔に襲われ、昼寝を欠かすことができなくなり、寝すぎて罪悪感に襲われることもしばしばだった。

みんなの読んで良かった!