第一章:目覚めない夢 vol,2

1 / 4 ページ

前編: 第一章:目覚めない夢 vol,1
後編: 第一章:目覚めない夢 vol,3

「あなたとはもう、終わりよ。」



突然、そう言われて、目の前が真っ青になった。

終わりよ、という言葉が告げるのは、彼女との関係が終わることもそうだし、何よりも自分が今まで確保してきた全てのものを失うという合図でもあったからだ。


どうする、このままこの「終わり」を受け入れるか。受け入れていっそのこと、自分が手放さないようにしてきた全てを捨ててしまうか。

いや、でもそうしてしまうと、今までの自分の努力や、苦しい中でも必死に生きてきた記憶がなくなってしまう。

孤独で辛くて、冷えきった今の現実に身を置き続けるか、それとも自分が自尊心を保てる全てを手放すか。


リーは、人生で二度目となる離婚を目前に、自分のこれからの人生をもう一度考え直す帰路に立たされていた。


「あなただって、もう分かっているはずでしょ。私たちはもう、とっくの昔に終わっているの。あなたにも私にとっても、そしてあの子にとっても必要なのがこの選択。だから、早く決めてくれないかしら。」


そのセリフのあとに隠れているのが「いつ出て行ってくれるの?」という言葉であることをリーは確信していた。

そうだ、もう自分がここを出て行くほか、術はない。まさか、53歳にもなる自分が、青春の頃に抱いたような未来の不安を再び味わうことになろうとは、予想していなかった。が、少なくとも53歳である肉体と頭は、確実に青春時代の頃の自分よりは劣っていて、あの頃のような希望を未来に抱くことも出来ない。

かといって、このままではいけない、ということも、もう53年も生きてきた自分ならすぐにわかることだった。

離婚をはっきりと決意したのが、2ヶ月前のことだった。


リーはその時のことを、ユキを助手席に乗せた車の中でふと思い出す。この土地はいい。何せ、物事を考えるのに適した環境が整っているからだ。

横から割り込まれることもない、広々とした道路。ちょっとスピードをあげたとしても、事故を起こすような曲がり角もなくまっすぐな道。

車を運転しながら、リーは今までのことと、これからのこと考えながら、ゴミョゴミョと言葉にならないような声をもらしていた。


思えばこの3年は苦痛だらけだった。一度目の離婚をした後、孤独と単身のまま死んでいく恐れから、勢いで付き合った女性と結婚することになったのは5年前。しばらくの間遠距離を続け、3年前にこの地に家を購入した。

あの結婚は焦りからだった、と今なら振り返ってすぐ分かるものの、当初の自分は愛する妻と娘を失った痛みから逃げるために、恋心というものに溺れる必要があった。

友人の紹介で出会った女性は、とにかく自分の中で敗れた自尊心と寂しさを埋めてくれるようだった。正直に言えば、誰でも良かった。

それほど、自分は弱かったのだ、と今になっては認めざるを得ない。


家族の反対をおしきって結婚したすぐ後に、二度目の結婚が失敗だったとすぐに気付いた。当時の中国人からすると、目もくらむほど羨ましいグリーンカードを持っていたリーは、相手の女性が自分ではなく、自分の持っている持ち物に惚れ込み、グリーンカードと結婚したのだ、と結婚して3日目で気付く。


それは思い込みではなく、実際に彼女に言われた一言だった。


「わたしはあなたを愛していないわ。わたしは、あの子の為に、あなたと結婚するのよ。」


まだ小学生にも満たない連れ子を持った女性なら、当然の考えかもしれない。ただ、二度目の結婚3日後に、そう言われてしまったリーの想像を絶する孤独な結婚生活は、この日から幕開けとなった。


車を運転しながら、回想をする。リーはもう既に誰のことも信じられなくなっている自分に、どこかホッと安心もしている。

あと一ヶ月だけ頑張って、その後ユキと旅をする。そして、もう何も頑張らなくてすむ母国に帰って、年老いた両親の介護をしながら暮らすのだ、と。

今まで感じたことのない安堵感とともに、どこか胸につっかかりを残し、メキシカン料理屋へと車を飛ばした。





みんなの読んで良かった!