【一人で悩んでいる30代既婚女性に読んでほしい】再婚1年目で相手の○○に応えるのをやめたら夫婦仲がよくなった話

1 / 4 ページ

本当の私が分からない


本当の私って何?自分が自分でわからなかった。


当時の私は、パートナーに対して、友人に対して、仕事仲間に

対して、イライラする毎日だった。


「どうして出来ないの?」

「どうしたら分かってくれるの?」


いつも相手を責めたてる。

そんな自分を、自分自身がどんどん嫌いになっていった。


どうして私はこんなに怒りっぽいんだろう??

どうしてこんな風にしか伝えられないのだろう?


どうして。どうして。。。



「このままじゃダメだ。。」



すぐにイライラするのは私の心が小さいから。

もっと広い心を持って人と接していかなきゃ。。


ダメな私を見せないように取り繕った。


すると、だんだん自分をコントロールできるようになってきた。

「これが大人になるって事なのかな?私も大人になったんだな。」

なんて思って安心していた。


だけどいくら頑張って取り繕っても、自分の内面で感じている感情は変わってはいなかった。

広い心を持っているフリ、ただ怒りを表面に出さないようにしているだけ。

だから心は余計に窮屈で苦しくなっていくばかりだった。


そんな風に過ごしていく内に、だんだん自分のことが分からなくなっていた。。


【社会の常識】や【会社のルール】

【一般的な恋愛観や結婚観としてどうなのか?】


「私はどうするべきか?」

そう考えることで、分からない恐怖から逃れようと必死だった。


もう本当の私が何なのかも分からない。

自分で自分が分からなくなっていた。。。





男性性と女性性?


友人のあき子さんとは4年程前に、セラピスト養成スクールで出会った。

出会った頃のあき子は、とにかく控えめで誰にでも合わせられる人。

「あ、ごめんね」が口癖で、人に対してすごく気を遣っているイメージだった。

彼女とは歳も近かったので、スクール卒業後もたまに会っては、

長時間ガールズトークで盛り上がっていた。


久しぶりに会った時に、彼女の表情がずいぶん明るくなったように見えた。

相変わらず気も遣うけれど、自分の考えなども伝えてくれるようになっていて、なんとなく変化を感じた。

実は数年間うつ病や不眠症に悩んでいたのだと、その日に初めて打ち明けられた。

そしてそれを克服し、海外のアドベンチャーレースに出場していた。

(あきこさんのレポート:うつ・不眠症・ひきこもりだった主婦が3日間で715キロを下る、カナダの世界規模のカヌーレースで世界3位になった話はこちら ※STORYS.JPの別ページに飛びます)


それほど彼女の生き方を変えたのがOurGardenというコミュニティだったのだそうだ。


あき子さんはいつも何かを学ぶと、それを誰かにアウトプット(伝える)する事で

自分に落とし込んでいた。

私は彼女が学んだ事を教えてもらうのが好きだった。

分かりやすいし、何より楽しかった。


その日は彼女が女性向けの勉強会で学んだ、『男性性と女性性』というものについて教わった。

簡単に言うと、男らしさと女らしさの特徴とその違いについての話。


その男性性と女性性というのは、

男性でも女性でも、一人の人が両方とも持っているもので、人それぞれ相手や状況によって

発揮される特徴が変化するものらしい。


一通り説明が終わるとあき子さんは、

あき子さん
主催者の女性はなんとなくエナちゃんに似てる所があるし勉強になると思うから、
今度イベントとかあったら誘うねー!

と言ってくれた。

けれどその時の私は、

私、そういうセミナーとか興味ない!!

思いきり拒絶した。

そもそもセミナーという響きがすでに恐怖だった。

そういうところに行ったこともないし、絶対何か売りつけてくる危険な場所だと思っていた。


けれど『男性性と女性性』の話がどうも気になる。

主催者の女性の恋愛パターンが自分に似すぎていて、なんだか気になる(笑)

心の中で、恐怖と興味が葛藤していた。


ひとまずあき子さんの教えてくれた事を日常で意識して過ごしてみた。



しかし数週間後、パートナーと過去最大級の大喧嘩が起こった。


いい加減にしてよ!何回言ったら分かるの?!私がどれだけ我慢してると思ってるの?!

大爆発。。


それでもパートナーには私の気持ちなんて半分も伝わっていない。

そんな状況にうんざりだった。


数日後には私の31歳の誕生日。


パートナーと結婚してちょうど一年が経とうとしていた。

思い描いた30代、思い描いたステキな夫婦関係。


それになれていないことへの焦りと苛立ちを抱えていた。



「私、どうしたらいいんだろう。。。」



ちょうどそんな時に、あき子さんからOurGardenのイベントのお誘いが来た。


「もしかしたら何か見つかるかも??

パートナーとの関係が変わるかもしれない。」


ふと、そう思えて生まれて初めてのセミナーと呼ばれるものに参加する決心をした。

著者の杉山 絵菜さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。