やついフェスティバル2015 2日目 レポート 感想 ~『僕の(フェス)童貞を奪ったのは、やついいちろうでした。』6月21日(日)編~

2 / 18 ページ

充実した電車内だった。

 秋葉原へ到着。コートニーのテンションがぶち上がっている。

しかし、到着した自分たちを待っていたのは、

シャッターが閉まりまくっている、秋葉原の町並みだった。

 どうしようかな~。と、内心焦っていたが、

コートニーと、おばあちゃんのジョーンは、

露天のおみやげ屋さんに夢中だった。

 ジョーンは、友だちに送る5000円の廉価な着物を、

コートニーは、黒子のバスケの青い髪の毛の少年の、

ねんどろいどっぽいのを買っていた。

 秋葉原で、何を買いたいのか聞いたら、

「ファイアーエムブレムの○○のねんどろいどがほしい」と言われた。

買えるかな~。不安だった。

 行けどもゆけども、シャッターが閉まっている。

しかし、末広町駅の近くに、

「リバティー・ホビー・フィギュア館」というのがあったので、

ここに来れば、あるはずだ!

だって、「フィギュア館!」って銘打っているんだから!

 しかし、時間を見ると、開店時間は「午前10:30」

この時点で、まだ9時20分だ。

 どうしようかな~。と、途方に暮れていると、喫茶店を見つけた。

幼い頃から、「あんたは目ざといよね~」と、母親に言われていたが、

こんな性格を喜んだことは、まずない。

 「Let’s go to the café!」

自分は、促し、3人で、朝早くやっているカフェへと向かった。

そこには、アルコールも提供している、

雰囲気あるポップなお店で、とても感じが良かった。

 

なんのメニューにしようか迷っていると、おばあちゃんのジョーンが、

「ワタシ、ここ出すわよ!」と、太っ腹な表現をしてくれた。

 「Thank you so much!!!」

自分は、体全体で喜びを表現していた。

 コートニーは、ピッチャーの水を飲んでいた。

昨日の鉄板焼きでは、自分、コートニー、ジョーン。

という並びだったので、話せなかったが、

ジョーンが斜め向かいにいる。何を話そう…。

 ジョーンから、「お母さんは、何歳?」

と、コートニーを通じて聞かれた。

「fifty-eight」

と答えると、

「So young!」

と答えた。

著者の桑原 和也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。