やついフェスティバル2015 2日目 レポート 感想 ~『僕の(フェス)童貞を奪ったのは、やついいちろうでした。』6月21日(日)編~

3 / 18 ページ

コートニーのおばあちゃんは、後日わかったが、70歳だった。

とても元気でお茶目なおばあちゃんだった。こちらこそ、So Young!だと思った。

 自分は、人生の集大成をおばあちゃんのジョーンにぶつけた。

「I interesting to Shakespeare!

Hamlet , The king of Lear , makubex 、Othello.

4 big sad ending story.

My favorite Shakespeare is A midnight summer of dream!

Fairy of Pack is so crazy!!」

( 自分は、シェイクスピアに興味があるんだ!

ハムレット、リア王、マクベス、オセロー、

4大悲劇も大好きだし、

一番好きなのは、「夏の夜の夢」だね!妖精のパックがお調子者で、おかしいんだ!)

 

おばあちゃんのジョーンは、

微笑ましく理解してくれたようだ。

よかった~。大学時代に、

「この大学に入った以上、シェイクスピアの4大悲劇を知らないっていうのは、

恥ですよ!」と言ってくれた、野村先生に感謝。

 途中、トイレに行って、店を出ることに。

そして、すぐに、中国人だらけの免税店を発見することになる。

つけまつげはありますか?と、コートニーは、

店の人に聞いていたが、お店の人は、

中国の人の対応で、大あらわだった。

ふと、ショーケースの中に入っていた化粧品を見て、

びっくりした。

「¥50,000-」

自分は、金色の箱に入った化粧品を見て、

「Monthly apart price!

(コレひとつで、一月のアパート代だよ!」

というと、ジョーンは、アメリカ人らしく、

両手を広げて、「わ~お!」という感じに呆れていた。

 ここは、長くいる場所ではない。直感的にそう思った。

ひっきりなしにやってくる中国の方に、辟易としていた。

 ぐるっと秋葉原を一周しているような感じだった。

途中、メイド喫茶があったが、開店時間は11時。

今はまだ、9時50分。

店の看板をバシャバシャコートニーは撮っていた。

 そして、不思議の国のアリスという看板。猫カフェの看板。

 猫カフェは、猫が下の小さいガラスから、覗きこんでくれていて、

3人で、テンションが上った。

 よろっと、中心街に戻ろうと思ったら、またメイド喫茶があった。

ここは、親友のひろと女の子二人と一緒に行った、

著者の桑原 和也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。