◼️ハネムーンで世界各地の観光名所をドレス姿の嫁を連れて巡った話◼️

1 / 32 ページ

「ねー、見えるこの景色ー?!」

iPhoneのテレビ電話越しに僕が言った一言。

そこはイタリア フィレンチェ市の古い街並み。アルノ川にかかる橋と沈む夕陽を

遠く日本にいる彼女に画面越しで見せていた

15世紀のルネッサンス文化の中心となった街であり、街中が今でも石畳の道路で、屋根の色もオレンジ色で均一されている。

何百年前に建てられた建物ばかりが残り、

歴史文化都市にも指定されている街。

まるで絵手紙のようなその光景に

彼女は

「すごーい。。いつか一緒に行ってみたいなぁーー。」

そんな言葉をつぶやいていた。

周りにいる世界中からの観光客達の

視線なんて気にせず

iPhoneをスピーカー機能にして、

大きな日本語を喋りながら歩きまわった

この感動を少しでも日本にいる彼女に伝えたくて、ただ必死で周りの人の視線とかは恥とは思わなかった


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

2012年の冬、ジュエリーの勉強をする為、僕は1人でイタリアに留学をしていた

世界一繊細なジュエリーと言われるFirenze styleという細かい細工がされた伝統技法を身につける為にやってきたのだ

日本でそのジュエリーを見たとき

身体中に衝撃が走り、自分でも作りたいと強く思い、一生懸命働いて貯金を始めて26歳の時に勉強をしにきた

当時の僕は1つ歳上の2年くらい付き合っていた彼女がいた。

仕事は美容師で給料は良くないながらも、技術を身につける事もあり毎晩、遅くまで働く彼女だ。

自分のやりたい事、したい事をすぐ口に出して実行してしまう僕とは反対に、

僕の意見に対しては

「うん、いいよ。」といつも明るく返事をくれて、どこにでもついてきてくれる彼女。

もちろん僕が、

「仕事辞めてイタリアにジュエリー学びに行こうと思うんだけど。」

と聞いたら、

「うん、いいよ。少しさみしいけど頑張ってきてね」

といつも応援してくれる彼女。

僕にとっては頼りがいがあるわけではないけど、いつも応援をしてくれる最強のパートナーだと思う。

留学も終わり日本に帰ってきてすぐ僕は

地元岐阜に小さいながらも、ジュエリーアトリエをオープンさせた。

向こうで習ってきた技法も使い、たくさんのジュエリーを作り続けた。

彼女が28才になる時、

彼女のお盆休みを使ってタイのバンコクに一緒に遊びに行く事になった。

料金は日本の普通のホテルくらいの価格で、全室スイートルームの5つ星ホテルを予約した。

彼女は仕事が多忙の為なかなか休みがとれないけど、お盆休みの4日間を使いハードだが

海外旅行にいこうと2人で計画した。

何気ない旅行だと彼女は思っていたかも知れない。

みんなの読んで良かった!