星空みながら大学に通う<ある夜間大学生の平凡な話>その2.春

1 / 2 ページ

前編: 星空みながら大学に通う<ある夜間大学生の平凡な話>その1.プロローグ
後編: 星空みながら大学に通う<ある夜間大学生の平凡な話>その3.初夏

物語-春-


晴れた日が増え、花は息吹き、服装は軽くなる。

学生も会社員もどこか浮足立つ春が訪れた。


昼間働くアルバイト先でも2年目を迎え、任されることも多くなってきた。

1限目は16時から始まるため、15時に仕事を終えた私は少し早歩きで大学に向かう。


15時40分、大学に到着。

この時間は大学の人口密度が最も増える時間帯だ。

元々、日本一人口密度が高いと言われる我が母校。

この時間は授業を終えた一部の学生と授業が始まる二部の学生が入り混じり、大混乱をきたす。

その上、この時期は面倒なサークル勧誘もあって、校内は原宿の竹下通り並みの混雑である。



何とか混雑を避けて歩いていると、山田が一人で歩いてきた。

山田は1年生の時に、試験を受けて、1部に転部した秀才だ。

「やまだー、授業終わり?」私が聞く。

「朝から授業でようやく終わりだよ。」

「いいな、私なんて朝から働いてこれから1限目だよ。授業楽しい?」

「うん、まぁ楽しいけど・・・」

「どうしたの?」

「それがさ、二部だと習っていないことも多くて、それを習った前提で話が進むから全くついていけない。」

「そなの?でもテキスト1部と同じらしいじゃん。」

「テキストは同じだけど・・・」

これ以上は触れてはいけない気がするので、このあたりで話を切り上げて教室に向かう。


「おはよ」

私が教室に入るなり、眠そうなたろうが挨拶してきた。

「おはよ、って時間でもないけど、久しぶり。今日は授業出るんだ。」

「そりゃ、必修科目だし。奇跡的に進級できたから心入れ替えようかと。」

「今日は何時に起きたの?」

「今日はすっげー早起き、11時に起きたぞ。」

11時ってほぼ昼じゃん。

たろうは元ニートで心配した親がこの大学を見つけてきて、一般受験で試験を受けて入学してきたらしい。やる気もなければ、いつも眠そうだ。進級率50%のこの学部で進級できたことが奇跡だ。

たわいもない話をしている頃、りえちゃんも登校してきた。

「先週のここの部分わかった?」

「あ、それはね・・」

りえちゃんはいつも天才だ。

国立大の看護学科を目指していたが、色盲があり全て落ちてしまったらしい。

「それよか、2限目の実験の準備してきた?」しんすけが後ろから声をかけてきた。

みんなの読んで良かった!