就活せずにインドで9ヶ月修行した。【新卒1年目で人生最大の挫折をし、プライドを捨て、社会変革を志すまでの話②】

1 / 4 ページ

前編: 「安倍首相」に会っても自分は変わらなかった。【新卒1年目で人生最大の挫折をし、プライドを捨て、社会変革を志すまでの話①】
後編: 人生最大の挫折。得意、不得意の差異が極端すぎる..【新卒1年目で人生最大の挫折をし、プライドを捨て、社会変革を志すまでの話③】

「そうだ、インドへ行こう」


中村天風という思想家がいる。

彼は日露戦争の軍事探偵として活躍した。

肺結核を発病し、心身ともに弱くなったことから人生を深く考え、人生の真理を求めた。

その結果、インドでヨガの聖者と出会い、真理を悟ることとなった。


僕は優しくも厳しい彼の思想に共感し、

彼の人生と自分の人生を重ね合わせた結果、次の行動が見えてきた。

「生」と「死」が入り混じったインドという国を、この眼で観てみたい。


そう閃いてからは早かった。


気付けば、デリー行きの往復チケットを携え、始めての海外への一人旅に、

鼓動を高鳴らせながら、大きなバックパックを背負い関西国際空港へ向かっていた。


就職活動を控えた大学3年生の夏であった。


インドで問われた「生」と「死」


オートリキシャーの通る道のどまん中を、悠々と歩く牛

喜捨を求める、手足のない物乞い

鼻を突く、犬の糞や食物の腐敗臭


観えるもの、聞こえるもの、感じるもの、

全てが衝撃であり、脳内からアドレナリンが出続けていた。


バラナシのガンジス川の辺りにある火葬場では、

生命を終えた亡骸が、輪廻の流れに身を委ねる様を観た。


中には、まだ小学生にも満たないような幼い子どもの遺体が、

その順番を待っていた。


「生きるとは何か?」

「死ぬとは何か?」

「両者は背反しているのか、あるいは一体なのか?」


あまりにも死が身近に感じられ、生を問われている気がした。


その日の夜、ガンジス川の辺りで一人、

みんなの読んで良かった!