深セン(深圳)へ出張する時に知っておく情報と準備したほうが良い持ち物

1 / 6 ページ

2016/06/29時点での情報です。

この記事は備忘録として書いていますので、ご自身の判断で検討してください。



旅券編

調べ方

- スカイスキャナー(http://www.skyscanner.jp)で調べる

1. 往復券を探します。片道旅券は行きの窓口で止められる事があるそうなので、上級者の方向けとの事です。

2. 中国あるあるで、現地でスケジュールが変わることが高確率で発生しますので、仕事きっちりやるか、帰りの旅券捨てる覚悟でいくといいと思います。

3. 高すぎる(7万超えの)場合、香港へ出るまでの時間等も考えて広州白雲空港からホーチミン、ハノイ等で1回トランジットする事も視野にいれるといいかも

- 往復3万円切ってたら安い方

- 香港に22時以降に到着する便は大体安いですが、香港空港で泊まるのは結構しんどいです。

- 香港内でホテル泊まろうとすると15000円とかするので、泊まろうとは思わない方が良いです

- 飛行機で寝られる人は日本深夜発の方が楽かも。もしくプライオリティパスを別途入手する

- 日本から海外に脱出する場合 は、日系LCC(Vanilla/Jetster/AirAsia等)のほうが高くなる場合があるので、下記要チェックです(行きは海外メインのHK expressとかを使うといいです)

- 日本に戻ってくる場合は、基本荷物サイズの検査はザルなのでLCCの手荷物でなんとかなる場合は荷物付きプランは買わないで大丈夫かと思いますが、ご自身でご判断ください。

- 海外から戻る場合に重さが制限超えた場合はパソコンや重い物を取り出すと通過できます。


vanilla air

- 手荷物持ち込みのサイズ、重量制限があるので注意してください。

- 持ち込み可能サイズは56㎝×36㎝×23㎝以内

- 重量は10kgまで

- 3泊以上の場合、10kg位すぐいくので、コミコミプラン(+4,000円)とかで検討してください

- 持ち込みサイズオーバーすると、4,000円が別途荷物預け入れ費用が発生します。


Jetster

- 手荷物持ち込みのサイズ、重量制限があるので注意してください。

- 手荷物持ち込みサイズはH56cm/W36cm/D23cm以内

- 手荷物、預け入れ合計重量は7kgまで

- ほぼ間違いなく超えるので、こちらもちゃっかりPlus(+4000円)で比較検討してください。

- 持ち込みサイズor 重量オーバーすると、6,000円が別途荷物預け入れ費用が発生します。


準備編(用意するものチェックリスト)

- パスポート

- 大体発行に1ヶ月かかると思っておくと良いです

- 戸籍抄本/謄本は本籍地からじゃないと取得できないので、早めに動いておくのが吉。

- パソコンとVPN設定(中国には金盾と言われる海外へのデータ通信遮断機器が入っている)

 - 日本のデスクトップPCとクライアント端末へSoftEtherのVPN設定しておく

 - デスクトップ持ってない方は後述のVPNルーターが一番安くて安定したやり方かと思います

 - VPNで通信し過ぎると、ブロックリストに入る時がある。大容量データの送信は極力しない。

- SIMフリー携帯電話

 - もし持っていない場合は、秋葉原なり、expansysとかで調達したほうが良いです

みんなの読んで良かった!