奨学金で借金を背負ってしまった女子大生が、性風俗に行った結果・・。

1 / 6 ページ

意外と報道番組とかドキュメンタリー系の番組が好きなので、

よく見ているんですが、そんな中で気になるニュースがありました。


大学における奨学金制度についてのニュース。

なんぞや?と思いつつ見ていると、

割とびっくらこいてしもうたっていう話で・・。

奨学金って、現大学生のおよそ4割程度が進学する資金とか、

お金が無いから出してもらうって感じで、かなり一般的に利用されてるそうです。


僕は大学出てないですし、

行く気もなかったので正直そのあたりはむとんちゃく。

そもそも奨学金って、

大学からお金を借りてから通う制度なんだということすら知りませんでした。

我ながら学がないにもほどがありますね・・。


また、奨学金返済者の50%以上が未だ全てを払いきれておらず、

会社からのサラリーのようなものを頼り、そこから小額ながら返金していくのが普通みたいです。


ちなみに大学卒業してからの学生のひとり当たりは、

平均約300万以上の返済額を抱えてるそうです。


借金を追ってしまってからの社会人生活のスタート。


もはや、常識的な道を行こうとしてるにも関わらず、

店舗開業・起業するのと同等レベルの負債を、その時点で背負ってしまっているって、

なんともやり切れない気持ちになります。


そんな中、ひとりの女子大生が特集されていました。

大学の奨学金が会社のサラリーだけじゃ払いきれないので、風俗勤めをするハメになった女の子の話。


ある一人の女子大生。

幼い事に父を亡くしてから、お母さんと二人っきりでずっと暮らしてきました。


そして悪いことに、お母さんは統合失調症を患っていて働くことができません。

一家四人で福祉の加護を受けて生活してきたみたいです。

(福祉とは、俗にいう生活保護)


とにかくお金がない。貧乏。

一家四人、日々食べる物にも困る生活。

もはやこの日本で飢え死ぬ寸前にまでなっている人が居るのは、

どうも信じがたい事ですが、現実そうらしいの仕方ないです。


みんなの読んで良かった!