⑨幼き日の傷が残したもの…

久しぶりに…


本当に久しぶりに、子供の頃を思い出しました…。



途中何度か止めたい気持ちも…

重苦しいず~んとした、鈍い痛みのようなものが上がってくるような気分になりながらも、駆られるようにここまで書いてみました。


こんな辛気くさい、気持ちが重くなる話に、お付き合い下さって、ここまで読み進めてくれた方、有難うございます…m(_ _)m


今、私はいたく元気に過ごしております!

順調に老化した頭や身体をなだめながら…(笑)

ここには書けなかった事は沢山ありますが、それは他に影響がある事で、私は自分の過去を恥じてはいないし、隠したいとも…


そして後悔もないです…。


それは多分、どんな時も自分で考え、悩み決断してきたからかな?…


誰かに言われた、普通はこうだから…

という所で何かを選ぶ事はなかったからかと思ってます。


今、人からは

『いつも楽しそうだね~悩みないっしょ!』

とか

『ノーテンキだもんね~!』

と良く言われますが…


実は…


そ~なんです(笑)

バカカ?


このタイトルの『幼き日の傷が残すもの…』

つい最近まで、私はない…って思ってました。


でも…


ありました…


かなり致命的なものが…


私は、人に期待が出来ない…


ちょっと悲しいくらい…。


そしてよく『独り暮らしは寂しいでしょう~』と聞かれ、そうなの~!と答える私ですが、実のところ全く寂しくないのです…。


二回の離婚も私が一方的に言い出したものでした。


夫は二人とも、とても私を大切にしてくれました。


私は何故か優しくされると落ち着かず、居心地が悪いような不安な気持ちになり、

これでもか…これでも許すか!

というように、夫に理不尽な仕打ちをしてしまうのでした…。


そしてずっと一人で考え、自分で選んで生きてきたせいか、人に干渉されるのが堪らなく苦痛になってしまいます…。


暖かい家庭が恋しい…


それは、そういう暖かいものを体験した人は、それが恋しくてならないのでしょう…


でもそんな経験がないものは、幸か不幸かそれほど飢餓感がないのかもしれません。


そう、

私は誰かと共に生きる…

が出来ないようです。

これって人として、どうなんでしょうね?

かなり、歪んじゃってますよね…(笑)


でも今世での私は、そういう割り当てはないのかも?とも思っています。


そのかわりか、人にはいつも本当に恵まれていると思います…


感謝です…


その与えて頂いたものを大切に、死ぬまで生きよう~!と思ってます(笑)


ではでは…終わります

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。