~風に吹かれて~ (日本一周その57)

3 / 5 ページ

「そうだね 会えるといいね」と 返した


 


 


 


もう 会うことは 決して 無い


そう言う ものだと 長旅で 染み付いた 性が 反応する


 


 


それじゃ と 皆と ここで 別れて 函館へと 向かった


 


 


バイクの エンジンを 軽く ときめかせると


やたら 晴れた 秋晴れが 視界に 広がる 


蝦夷富士の 羊蹄山を 視界の 隅に 捉えながら


長万部の町へと アクセルを 握った


 


 


また 一人に 戻る 瞬間だ


それが 妙に 安心感を 与えて いた


 


 


長万部までの ルート5は 車も 無く


乾いた 風が 時々 はじらいなが


首元を かすんで 消えていく


 


 


その 感覚が 今までの 旅を 振り返え させる


そして 最後が 近くなって きた 北海道を 


俺に 感じさせて くれていた


 


 


1時間後 長万部の 街に 入る 


駅前に 来たとき 駅の 入口に カニめしの のぼりを


見つけた


 


 


「カニ飯かぁ・・・ 食べてみるか」なぜか そんな 気分に なった


 


時計の針も 昼が 近く なっている 


 


 


バイクを 駅前に 停め 売店で カニ飯を 買い


そばに あった 待合室の イスに座って お茶を 飲み


カニ飯に 箸を つけた


 


 


その時 後方の 改札が 慌ただしくなる


多分 電車が 着き 乗客が 降りて 来ているのだろ


そんな ことより カニ飯を 食らう 事で 


頭の中は 満たされていた


 


 


そんな時 後ろから 声が した


 


 


「こんな ところで 何してるの?」


 


声の する方を 振り向いたら そこには


みゆきさんが 立って いた


 


著者のダイナマイト コウヘイさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。