~初キャバクラ~ それが営業。

3 / 5 ページ

前話: ~女性の本質を見抜け~ 仲良しと馴れ馴れしいの違い。
次話: ヘルプを征するものがホストを征する 


(要するに来店してもらったら、何回かに一回はその方のお店にも行くということ。)




敷居が高そうなお店でした。







一人当たり一時間¥7000~で指名が別¥1000。




ドリンクも別料金。




この間行ったスナックとは大違いの値段です(-_-;)




今回は一人当たり・・・・・1万くらいかあ・・・・




と思いながら。




どうしてもお金はなかったもんで、そんな心配ばっかりしていました。





と、店内に入り。



きらびやかなドレスのお姉さん達を横目に




テーブルに着いた流川と支配人。



そして、ボーイさんから指名と飲物を聞かれる。



流川は初めてなので、当然指名はない。




支配人はいつものEちゃんを指名。




支配人『あの?途中から指名もOKですか??場内指名的な?』



ボーイ『はい^^大丈夫です。また何かありましたら近くのボーイに話しかけください^^』




支配人『だってさ流川♪ってかあの人の案内の仕方丁寧やろ~??ああいうのを真似すると自分の株も上がるよ♪絶対♪』




流川心の声(おおw見るところが違う。さすが支配人!!真似します。)



と、




支配人が指名した女の子Eちゃんが席に着く。



Eちゃん『今日は来てもらってごめんね(-_-;)忙しいからあんまりテーブルつけないかも<(_ _)>』


支配人『大丈夫大丈夫♪おれは流川と楽しんどくから(笑)って好きな飲み物持ってきなよ♪そして、Eちゃんの仲良い子とかいたら




流川の隣に着けてほしいな♪俺も話したいし。ねえ?流川?w』






流川『あ、俺、そのEさんの仲良い子を指名でお願いします♪』




Eちゃん『いきなりいいの!?  わかった伝えとく~♪ ありがとう!絶対友達も嬉しいと思う』




流川心の声(言ってしまった。  指名したから値段が上がる~(-_-;)(笑))




 


支配人『大胆やな~。少し俺に似てきた??(笑)』





と、10分後Eちゃんの友達が俺の隣へ。





Eちゃんの友達『初めましてなのにありがとうございます。Eの友達のMです。よろしくお願いします♪お名前聞いてもいいですか??』



流川心の声(可愛い・・・・し。綺麗だ(-_-;)やばい。緊張するw)

著者の流川 ゆさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。