~初キャバクラ~ それが営業。

4 / 5 ページ

前話: ~女性の本質を見抜け~ 仲良しと馴れ馴れしいの違い。
次話: ヘルプを征するものがホストを征する 



流川『よろしくです<(_ _)>Mさんですね。俺、流川って言います。』




Mさん『流川君??あ、スラムダンク好きなんだw私好きでした流川(笑)』




 


流川心の声(やばい。スラムダンクネタ弱いんです俺(-_-;))





流川『ほんとですか!?実は俺も好きで・・・・・』




 



とあっという間に一時間経ち。




お会計の時。




Mさんと連絡先交換。




そして、お店に来てくれると約束までしてくれました。




ボーイ『お二人様で¥18000になります。』





支配人『はい♪』






と、サッと財布から二万出す。







支配人『あ、流川~♪今回はおれが出すからいいよ♪そのかわり頑張れよ~Mちゃん♪』




(頑張れよ~ というのはこれから来店に繋げるように頑張れ!という意味。)





流川心の声(がんばります(;_:) こんなにも良くしてもらえるなんて。)





流川『はい(;_:)ありがとうございます。頑張ります。』




支配人『俺もね。昔、代表とか専務にこうやってしてもらってたんよ。』






・・・・・この人めっちゃカッコいいわw





憧れる人がどんどん増えていきますw






次の日。



出勤すると。



Lさん(初登場)『流川おはよう♪なんか今日から中洲№1で代表してたSさんが入店するって。社長の元部下だったみたいよ。


あ、それとそのSさんめちゃくちゃ厳しいらしい(-_-;)怖いね(笑)』


(Lさん・・・山Pに似てる25歳イケメン。以前別の店舗で支配人としてやっていたらしい。酔わなければすごい優しくて気さくな人。酔ったらヤバいw)



流川『おはようございます<(_ _)>マジっすかwこれ以上厳しくなったら大変ですって(-_-;)どうにかしてくださいよLさん~』




Lさん『俺に言うなしw俺より年上やっちゃかいw』



と話をしているとSさんが店に来た。




Sさん『すみません。社長いますか??この時間って言われて来たんですけど。』


著者の流川 ゆさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。